NEXT WEEKEND DATE

家族で作る、感情のアルバム 「FAMILY NOTE」プロジェクト。

家族で作る、感情のアルバム“FAMILY NOTE”プロジェクト

記事やライブ配信、展示会を通してプロジェクトのご紹介をしてきましたが、ノートを使うとどんな1年が過ごせるのか、まだ想像ができない方も多いかもしれません。

このFAMILY NOTEには、私たち企画運営メンバー以外にも、14名のプロジェクトメンバーが参加してくれています。

「いつ、どうやって書くの?」という想像を膨らませていただくために、少しの間、先にノートを使ってくれた彼女たちの声を連載形式でご紹介していきたいと思います。

家族構成も、悩みも、使い方も、十人十色。

ぜひ14家族それぞれの使い方をヒントにしていただけたら嬉しいです。

 

結婚式も無事に終わり、いよいよこれから家族として普段の生活を築いていくんだなぁと感じていたところで、このノートに出会い、びびっときました。

大きな悩みや不満はないけれど、共通の“目標”のような目指すものがあると、もっと目線が合わせられるのではと感じています。

毎週土曜日の晩ご飯の後に、2人でお茶を楽しむ習慣ができたので、その時間にFAMILY NOTEを書いて向き合える時間にしたいと思います。

 

テーマは「小村家の手引き」に。

少しずつ家族の愛しい日常の記録で埋められていくこのノートが、いつか家族が壁にぶつかった時にもヒントになるといいな思い、この名前をつけました。

 

相手のいいところを見つける瞬間が増えたこと

ありがとうのページを書くことで、小さなことでも「ありがたいな」と感謝の気持ちを持つようになり、相手の良いところを見つける瞬間が増えました。

夫にとって「良い家族になれているのかな?」と不安になることもあるのですが、夫が書いてくれた文章を読むと安心するし、自己肯定感も上がりました

 

幸せだと思う瞬間を実感しあえること

日々の出来事の中で「今のこれ、FAMILY NOTEに書こうね」なんて会話が増えました。

ノートで言語化する事によって、お互いがどんなことに小さな幸せを感じるのか、なんとなく掴めてきたなと実感しています。

 

美味しいお菓子と飲み物を用意して、ワイワイ楽しみながら書くのがおすすめです。

変になっちゃった落書きも思い出。

きれいに書こうと肩肘張らずに、家族の時間を楽しみながらリラックスして書くことで習慣化していくと思います。

 

結婚式が終わったあとって、大きな達成感と共に「とはいえここからが(結婚生活の)本番だ…!」とハッとしますよね。
そんなタイミングで、家族としての絆を深めていく次なる共同制作にFAMILY NOTEを選んでくれてとても嬉しいです。

記念日のページに綴られたレストランでの一コマや、お互いに寄せたメッセージから、ふたりの可愛らしい空気感が伝わってきました。
Happy Birthdayのページに、旦那さんがまなさんに手紙を書いてくれるのもすごくいいなあ。
我が家もこのページに毎年お互いへのメッセージを書いていきたいなと野心ができました!

ひと足先にFAMILY NOTEを使ってくれた14人へのインタビュー連載も今回が最後。
家族構成も悩みもそれぞれ違うメンバーたちの使い方はどれもすごく参考になるので、ぜひアーカイブページからご覧いただけたら嬉しいです。

プロジェクトメンバーのみなさん、そして最後まで読んでくださったみなさん、ありがとうございました!

(コメント担当:副編集長 ともみ)

クラウドファンディングでのご予約・ご支援はこちらから
期間:3/2(火)21:00~3/30(火)23:59まで

Share On