NEXT WEEKEND DATE

家族で作る、感情のアルバム 「FAMILY NOTE」プロジェクト。

家族で作る、感情のアルバム“FAMILY NOTE”プロジェクト

記事やライブ配信、展示会を通してプロジェクトのご紹介をしてきましたが、ノートを使うとどんな1年が過ごせるのか、まだ想像ができない方も多いかもしれません。

このFAMILY NOTEには、私たち企画運営メンバー以外にも、14名のプロジェクトメンバーが参加してくれています。

「いつ、どうやって書くの?」という想像を膨らませていただくために、少しの間、先にノートを使ってくれた彼女たちの声を連載形式でご紹介していきたいと思います。

家族構成も、悩みも、使い方も、十人十色。

ぜひ14家族それぞれの使い方をヒントにしていただけたら嬉しいです。

 

夫の思い描いている未来と、自分の思い描く未来(どう生きたいかなど)がうまくすり合わせられていないと感じたり、コミュニケーションのとり方に悩んでいました。

また、相手に求めるばかりで、自分も感謝や愛を素直に言葉にできていないので、積極的に感謝の言葉を綴っていきたいと思い、ノートを始めました。

夫とも相談し、「HappySmileNote〜濃密な日々を積み重ねて〜」に。

行事や旅行などの特別な日はもちろん、ほんの些細な嬉しかった日常だって家族と共有して、見返すたびに優しい気持ちになれるノートを作りたいと思い、この名前にしました。

 

 チームとして同じ方向を向いているという確認ができたこと

「どんな家庭を築きたいか」という根っこの部分を、夫と時間をかけて話し合えたことで、夫婦の距離がぐっと近くなりました。

子育てに関しても、同じ方向を向いているという確認ができて、安心感から自分の心が穏やかになったように思います。

月に一度の家族会議で、私だけでなく、家族全員が週末や行事のことを一緒に考えてくれるようになったことも心強いです。

 

子どもを褒めることでいい循環が生まれたこと

「今週のありがとう」で子どもだちに感謝の気持ちを綴ると、すごく嬉しそうにしていて、そこで褒めた行動を続けてくれるように!

子どもたちからのメッセージも宝物。

「ママ大好き」と伝えてくれる時期もきっとあっという間に過ぎてしまうから、たくさん想いを書き残してもらおうと思います。

 

些細な日常こそが宝物だと気づけたこと

日常にタイトルをつけて記していくことで、なんでもない日々こそが家族の宝物なのだと実感できました。

見返すたびに優しい気持ちになれます。

 

好きな飲み物やお菓子を用意して、家族と話しやすい雰囲気を整えると、気軽に楽しく会話できると思います♩

元々のデザインが可愛いので、書き方にこだわらなくても素敵なページができます!

子どもたちは可愛い色のペンなどがあると楽しく書いてくれました。

 

お子さんも一緒に家族みんなで綴ってくれた「今週のありがとう」のページが愛しすぎて、胸がいっぱいです…。宝物になりますね。

感謝の気持ちを綴る習慣ができると、相手がしてくれたことや尊敬した瞬間に普段から敏感になれるはず。

家族のやさしい循環が、ノートをきっかけに生まれたら嬉しいです。

素敵な使い方を教えてくださり、ありがとうございました!

(コメント担当:副編集長 ともみ)

 

クラウドファンディングでのご予約・ご支援はこちらから
期間:3/2(火)21:00~3/30(火)23:59まで

Share On