NEXT WEEKEND DATE

“なくても困らないけど、あると楽しい小さなこだわり”を暮らしに添えることを、「#今日の小仕事」というハッシュタグを通して提案してきたNEXTWEEKENDですが、ちょっとした贈り物シーンこそ、そのひと工夫が生きるとき。

そこで、これから毎月一回、“季節の贈りかた”アイデアをお届けしていくことにしました。

第1回目のテーマは「母の日」のプチギフト。

この季節におすすめのPRINTABLESもご紹介しますので、「デザイン選びに自信がない」 という方は参考にしていただけると嬉しいです。

目次
・今月のおすすめ手土産はこちら!
・母の日のラッピングアイデア
・ラッピングをもっと楽しむためのTIPS
・記事で紹介したPRINTABLES

 

今月のおすすめ手土産はこちら!

今年の母の日は5月8日(日)。

みなさんは何を贈りますか?

毎年頭を悩ませている方もいらっしゃるかもしれませんね。

どんなものを贈りたいと考えているか、NEXTWEEKEND編集部のリアルな声を集めてみました。

✔️毎日仕事で忙しそうな母に15分ほどでたき終わる“お香”をプレゼントして、リフレッシュする時間を贈りたい

✔️外食する機会がほとんどない母なので、外で飲んで“おいしかったワイン”を贈って家でも楽しんで欲しい

✔️自分では勿体ないと言って予約しない“スパチケット”を贈って、ケアの時間をプレゼントしたい

✔️毎朝起きるのが楽しみになるように“ちょっと贅沢な朝食セット”を贈りたい

✔️たまの庭いじりが楽しいと言っている母に、花言葉で選ぶ花の種を渡したい

その中でも今回は「色々なおやつを楽しんでほしいから、デパ地下など異なるお店で買ったものをオリジナルで詰めて贈りたい」という声に応える贈りかた術をご紹介します。

ちなみに今回用意した、個包装で購入できるデパ地下スイーツラインナップはこちら。

カゴの中・左から「Les Patisseries LA MAREE DE CHAYA」の葉山のショコラ・カロ、「ベルクの4月」の焼き菓子、「樫木の樽」のクッキー。

 

母の日プチギフトに組み合わせるラッピングアイデア

オリジナル詰め合わせギフト作りにおすすめのラッピングアイデアは、「紙で作る本型ギフトボックス」。

型紙を印刷して貼り合わせるだけなのに、お店みたいな上質感がたまらないギフトボックスが完成します。

それでは実際に、簡単な作り方と詰め方のコツをご紹介します。

準備するものは、A4サイズの厚紙1枚とB5サイズの厚紙1枚 (A4サイズの厚紙 2枚でも可)、のりとはさみ、そしてお好みのリボン(15cm×2本)。

事前にA4厚紙に箱テンプレートを、B5厚紙には表紙にしたいデザインを印刷しておいてくださいね。

A4用紙を表紙に使用する場合は、B5サイズにカットしておくと便利です。

 

本型ギフトボックスの作り方

1.A4サイズの厚紙に印刷したテンプレートを切り取り、線に合わせて折り畳みます。

2.B5サイズの厚紙にリボンを貼り、両端5mmずつ余白を残して【1】を貼りつけます。

3.B5用紙と重なる箱の側面部分も接着し、箱の形に合わせて折り目をつけます。

4.のりしろ部分にのりをつけ、箱を組み立てます。

5.蓋部分に穴を開け、ハトメを取り付けます。

6.リボンを通して、裏側で結べば完成!

 

ラッピングをもっと楽しむためのTIPS

TIPS1.メッセージカードを添えてみる

年に一度の母の日だからこそ、記憶や形に残る「ありがとう」を伝えてみませんか?

NEXTWEEKEND STOREでは母の日におすすめのメッセージカードデザインもご用意しています。

カードには、セレクトしたギフトにまつわるエピソードや、楽しみ方を一緒に添えてもいいですね。

みなさんの「ありがとう」の気持ちが、ちゃんと伝わりますように。

「大切な人へ贈りたい、母の日のギフトカードセット」
ダウンロードはこちらから

 

TIPS2.紙選びからこだわってみる

お店のギフトボックスのような仕上がりを目指すなら、紙選びもポイント。

紙の質感を楽しめるような種類を選ぶと、ぐっと高級感を出すことができます。

今回はさざ波のような凸凹模様が特徴の「マーメイド紙」を使用しましたが、色のバリエーションが豊富な「タント紙」、蜂の巣状の模様が特徴の「ミタント紙」などもおすすめ。

オンラインショップでも手に入りますが、文具屋さんに足を運んで様々な種類を見比べてみると、さらに新しい紙との出会いがあるかもしれません…!

 

TIPS3.緩衝材も手作りしてみる

ボックスの中に入れたアイテムを固定するほか、華やかさをプラスしてくれる緩衝材。

実は手作りできることをご存知でしたか?

作り方はとても簡単。

薄めのトレーシングペーパーにお好きなデザインを印刷し、ボックスに合わせたサイズにカットして、手でくしゃっと丸めるだけ。

ぜひ試してみてくださいね。

 

記事で登場したPRINTABLES

今回使用した、母の日におすすめのPRINTABLESは下記よりダウンロードができます。

「贈りもの上手になれる梱包セット」

「PRINTABLES スターターキット」

「大切な人へ贈りたい、ギフトラッピングセット」

また「本型ギフトボックスの作り方を動画で確認したい!」という方はこちらよりご覧くださいね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NEXTWEEKEND(@nextweekend_jp)がシェアした投稿

母の日に「ありがとう」の気持ちがめいっぱい伝わる贈り物のお手伝いができれば嬉しいです。

来月は「父の日」をテーマに、おすすめギフトと贈りかたをご紹介します。

どうぞお楽しみに。

 

みなさんの贈りかたも募集中!

「こんな風にラッピングして贈りものをしたら、喜んでもらえた」
「こんな風にPRINTABLESを使ってみたら、贈りものがぐっと本格的になった」など。

みなさんが「贈りかた」の野心を叶えた瞬間はぜひハッシュタグ#今日の小仕事で教えてくださいね。

たくさんのアイデアを楽しみにお待ちしています。

 

Design : Hitomi Sakano
Photo : Maya Masuda
Wrapping planner:Momoko Kitagawa
Editor:Saki Goda

「Community Project」とは? NEXTWEEKENDの「季節の楽しみと小さな工夫」というコンセプトのもと、他企業や他ブランドと共に、今より少し楽しい生活を考えていく広告コンテンツです。 プロジェクトごとにオリジナルの共通言語(ハッシュタグ)を設定し、企業/ブランドとNEXTWEEKEND、そして読者である女性たちで、理想の生活を叶える“コミュニティ”を一緒に作り上げていきたいという思いが込められています。 

Share On