NEXT WEEKEND DATE

NEXTWEEKENDコラムよりお届けする「子どもと楽しむ、週末クラフト」。

このコラムでは、季節行事をお子様といつも素敵に楽しんでいるWeekender編集部代表コラムニストのMiyashita Makiさんが、親子で挑戦できるクラフトアイディアを毎月お届けしていきます。

子どもの成長はあっという間。

だからこそ、誕生日などの記念日や入園・入学などの節目に、一緒に作品を作れたら素敵な思い出になりますよね。

今回は、小さなお子さんも楽しめるステンシルを使って、お部屋に飾れるオリジナルのフラッグを作ります。

 

世界に一つだけ!
ステンシルで作る、オリジナルフラッグ

材料

・合皮はぎれ
(手芸店や100円ショップで購入できます)
・クリアファイル
・ペン
・カッター
・食器用スポンジ
・アクリル絵の具
あると便利なもの
・カッターマット
・マスキングテープ
・絵の具を出すパレットやお皿など

作り方

1.まずはステンシルシート作りから。
クリアファイルに好きなイラストや文字を描く。
(インターネットでお好みのフリーイラストを探してプリントし、ファイルに挟んで上からなぞるのもOKです。)

2.はさみやカッターを使って、ファイルを1枚のシート状にしてから、色をつけたい部分を切り抜く。
これでステンシルシートは完成♩

3.合皮はぎれを旗の形にカットする。

4.いよいよステンシル。
デザインの配置を決めたら、ずれないようにマスキングテープではぎれとステンシルシートを固定する。
(2色以上でカラーリングする際は、色が混ざるのを防ぐために、シートの着色したくない部分にマスキングテープを貼っておくのがおすすめです。)

5.食器用スポンジを小さくカットしたものにアクリル絵の具をつけて、シートに「ポンポン」と押していく。
このとき、絵の具は水で溶かず、そのまま使う。
(スポンジを上からまっすぐ下ろして軽くポンポンするのがポイント!
お子さんも喜んでお手伝いしてくれるはずです。)

6.絵の具が完全に乾いた後、ステンシルシートをゆっくり剥がせば、フラッグ部分の完成…!

さらに今回は、木の枝(公園で拾ったもの)と組み合わせてみます。

フラッグを裏返し、上部に両面テープをつけ、枝を包むように貼りつけるだけ!

お子さんの名前やイニシャルを入れたり、誕生日には年齢の数字をステンシルしたりすれば、バースデーパーティーの飾りにも。

思い出に残る特別な作品作りを、ぜひ親子で楽しんでみてください♩

 

野心を叶えたら、ハッシュタグでシェア!


NEXTWEEKENDでは、毎月季節のテーマに合わせたハッシュタグや、企画ごとのハッシュタグをつくっています。

読者の皆さんと一緒に同じハッシュタグを使って、季節の小さな野心を叶えていき、そのタグに集まった投稿をもとにコンテンツを作るという素敵な循環…!
それを私たちは、「野心サイクル」と呼んでいます。
ぜひみなさんの叶えた野心は、ハッシュタグ「#週末野心」で教えてくださいね。
▶︎今月のハッシュタグ「#愛でたいこと」も募集中!