NEXT WEEKEND DATE

コラム「#コーヒーと小さな野心」では、GARTEN COFFEEバリスタ/コーヒーライフプランナーの井野麻美が、アイディアと一手間ちょっと加えて、ぐっと美味しい時間になるおうちコーヒーの楽しみ方を提案しています。

今回は、コーヒーの保存方法について。

鮮度が命と言われるコーヒー豆。

基準としては、挽いてある豆は開封から2週間挽いてない豆は開封から1ヶ月ほどで飲みきっていただくと、本来の豆の味わいをお楽しみいただけると思います。

せっかく新鮮で美味しいコーヒー豆が手に入っても、誤った保存方法をしているとあっという間に風味が落ちてしまいます。

焙煎したコーヒーは酸素や水分に触れることで酸化し、劣化が進みます。

直射日光もコーヒー豆にダメージを与えてしまいます。

そのため、直射日光を避けて、空気に触れさせないことがとても重要です。

 

常温保存の場合

保存容器に移し替え、直射日光の当たらない場所で保管しましょう。

 

冷凍保存の場合

冷凍保存は、1ヶ月ほど風味豊かに保てます。

もし、新鮮なうちに飲みきれないという場合は冷凍保存がオススメです。

 

1.ジップロックに移し替え空気をしっかり抜く。


▲マスキングテープなどで日付と種類名を書いておくと◎

2.タッパーに入れて冷凍庫へ。

解凍する場合は、常温に戻してから使ってください。

冷凍保存した場合、コーヒー豆を冷たいまま使用すると通常より味や香りが薄くなってしまうことがあります。

 

 

冷蔵庫での保存はできる?

冷蔵庫での保存も可能です。

しかしコーヒー豆は香りを吸収しやすいため、冷蔵庫の中の食材の匂いがついてしまうことも。

しっかりと密閉してから入れてくださいね。

 

コーヒー豆は生ものと言われます。

一つ一つ個性のあるコーヒー豆の本来の風味を味わい、出来るだけ長く鮮度よく楽しめるように保存方法を参考にしてみてくださいね。

Enjoy your COFFEE LIFE!
GARTEN COFFEE
バリスタ/コーヒーライフプランナー
井野麻美

 

野心を叶えたら、
ハッシュタグでシェア!


NEXTWEEKENDでは、毎月季節のテーマに合わせたハッシュタグや、企画ごとのハッシュタグをつくっています。
読者の皆さんと一緒に同じハッシュタグを使って、季節の小さな野心を叶えていき、そのタグに集まった投稿をもとにコンテンツを作るという素敵な循環…!
それを私たちは、「野心サイクル」と呼んでいます。
ぜひみなさんの叶えた野心は、ハッシュタグ「#週末野心」で教えてくださいね。
▶︎今月のハッシュタグ「#集う日なもんで」も募集中!