NEXT WEEKEND DATE

クリスマスが終わり、新年までのカウントダウンもあとわずか。

今の時期は普段なかなか会えない親戚や、離れて暮らす家族と集まる予定がある方も多いのではないでしょうか。

この記事では、#今日の小仕事アンバサダー2019秋冬生たちによる、「年末年始の贈り物アイディア」をご紹介します。

新しく始まる一年へのご挨拶に、心のこもった手作りのペーパーアイテムも添えてみてください。

きっと気持ちが伝わるはず。

アンバサダーたちが使ったPRINTABLESは、お正月のデザイン素材集

・3種の年賀状
・4種のパターンペーパー
・箸袋
・2020年のWISH LISTシート

年末年始に会う人の顔を思い浮かべながら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

手土産や心遣いに、
ひと手間添えて

お菓子を数種類配れる
手土産バッグ

箱菓子を数種類買って、小分けに包んで配ることができる手土産バッグ。

大人数での集まりにはとっても便利です。

帰省先のお土産を職場で配るときにも役立ちます♩
作り方
1.好みのデザインを印刷した用紙を正方形にカットする。
2.三角に折り、左右を写真のように折る。

3.パンチで2箇所穴を空けて、好みの毛糸やリボンを通せば完成!

 

小さな贈り物を入れたい
ギフトバッグ

子どもたちの集まる機会に用意したギフトバッグ。

大げさなラッピングをするほどでもないけれど、特別感を出したいときにおすすめです。

作り方
 1. 好みのデザインをA4用紙に印刷し、中央が少し重なるように横半分に折り、重なった部分を糊で留める。

2. 口の片側に折り線をつけて開き、両端を中へ向けて折り、底のマチを作る。

3.開いた上下を少し重なるように折り、重なった部分を糊で留める。

4. 両端に折り線をつけ、線に沿って内側へ折り込み、袋の横のマチを作る。

詳しくは「手渡ししたいギフトバッグの作り方」から。

持ち手はマスキングテープを貼り合わせて作ると、とっても手軽に完成します♩

ちょっと特別な、お年賀ラッピング

毎年、親戚のおうちに日本酒とお菓子を持っていくのが恒例だというアンバサダー。

お正月らしいラッピングにこだわれば、ちょっと特別なお年賀になりますね。
作り方
お菓子のラッピングはクラフト紙で全体を包み、好みのデザインを印刷したトレーシングペーパーを巻いて、最後に細長く切ったパターンペーパーを巻けば完成!

日本酒のラッピングは、好みのデザインを印刷したパターンペーパーを瓶に沿って巻き、ワイヤーでくるっと留めれば出来上がりです。

お札を折らなくていい、お年玉袋

市販でも可愛いデザインはたくさんあるけれど、手作りならもっと印象に残るはず。

好みのリボンも合わせて、おもわず取っておきたくなるお年玉袋を作ってみてくださいね。

作り方
1.好みのデザインを印刷した厚紙に、お札より一回り大きくかたどりカットする。
(ふたつ折りにするのでお札2枚分。)

2.スクエアブックマークをふたつ作り、内側の角に2箇所のりで貼り付ければ完成!
(お札を挟めるようになります。)
仕上げにリボンや糸を巻くのもおすすめです。

詳しくは「スクエアブックマークの作り方」から。

ちょっと意外な
サプライズを用意したいときに

年末年始のお供にしてほしい
ブックカバーとしおり


少し落ち着いた時間を過ごせる年末年始には、本の贈り物もおすすめです。

ブックカバーとしおりもセットで添えてあげると貴重な読書の時間がもっと充実するはず。

作り方

ブックカバーは好みのデザインを印刷したA4用紙を2枚、本のサイズに沿って貼り合わせるだけ♩
詳しくは「ペーパーブックカバーの作り方」から。

しおりは厚紙に好みのデザインを印刷し、好みのサイズにカットします。
台紙(今回は黒画用紙)に貼れば完成です。

ハトメパンチを使ったり、本のイメージに合わせてリボンを選んでカスタマイズしてみたり、裏面にはメッセージを書くのもおすすめですよ。

 

あのわくわくが味わえる
手作り福袋

今年もお世話になった旦那様とお義母さんに、手作りの福袋を用意したアンバサダー。

何を詰めようか、贈る相手が好きなものを考える時間も特別ですね。

作り方
1.普通紙に好みのデザインを印刷し、封筒状になるように写真のように折る。
下から23センチ折り、画像のように折り合わせていく。

2.底をマスキングテープでしっかり固定し、中にプレゼントを詰めたら上からも23センチ折る。
カッターで取手をカットし、好みのリボンをくるくる巻いたら完成!

ギフトボックスにひと手間加えるなら、ハガキサイズの用紙に4分割で好みのデザインを印刷し、ハトメパンチとリボンで飾るのがおすすめです♩

1年の感謝を伝えるお手紙

旦那様に1年間のありがとうとお疲れ様を伝えるため、お手紙を用意したアンバサダー。

ディナーテーブルにそっと添えればサプライズになるはず…!

作り方
1.無地のポストカードに好みのデザインを印刷する。
2.トレーシングペーパで包み、布のはぎれやリボンで固定すれば完成!

思い出が詰まった、写真カレンダー

1年間で撮った家族写真で、翌年のカレンダーを手作りするのが恒例だというアンバサダー。

小さなお子様がいる方は、おじいちゃんおばあちゃんへのプレゼントにしても喜ばれそうです♩

作り方
カレンダーと好みの写真を無地のポストカードにして、オリジナルカレンダーに。
添えるメッセージカードは年賀状を印刷しただけです♩

 

みんなで盛り上がりたいときに

運勢やメッセージを仕込める
フォーチュンクッキー

おみくじのように盛り上がる、フォーチュンクッキー。

紙で手作りするなら、おみくじとしてではなく、メッセージを入れてみたり、プチギフトにするのもおすすめです。

作り方
1.好みのデザインを印刷した普通紙を丸くカットする。
(コップやお皿を型にすると簡単です。)
2.端を重ねて、写真のようにグルーガンで固定する。
3 中にメッセージを書いた細い紙を入れる。
4 筒状になった紙を縦に持ち、半分に折る。
5 グルーガンで固定すれば完成!
(※グルーガンがない場合はホチキスでもOKです♩)


子どもが喜ぶ、鯛みくじ

子どもたちと釣り一緒に楽しみたい、お正月らしい鯛みくじ。

クリップと磁石を使って、釣りのように引くことができるおみくじは盛りがること間違いなしです♩ 
作り方
1.好きなデザインを数種類印刷した紙を魚の形にカットする。
2.おみくじやメッセージを書いたメモをクリップで留めれば完成!
釣竿は割り箸に麻紐を結びつけ、その先に磁石をつけます♩

 

毎年恒例の行事に、今年はひと手間加えてみてはいかがでしょうか。

素敵な年末年始を過ごせますように。

 

design:Hanako Kondo

「Community Project」とは?
NEXTWEEKENDの「季節の楽しみと小さな工夫」というコンセプトのもと、他企業や他ブランドと共に、今より少し楽しい生活を考えていく広告コンテンツです。 プロジェクトごとにオリジナルの共通言語(ハッシュタグ)を設定し、企業/ブランドとNEXTWEEKEND、そして読者である女性たちで、理想の生活を叶える“コミュニティ”を一緒に作り上げていきたいという思いが込められています。