NEXT WEEKEND DATE

こんにちは。
花とんぼ、アートディレクターのAimeeです。

フラワーアーティスト 座間アキーバが紹介するお花の世界を、私の目線で解説しているコラム「花がある暮らしの続け方」。
今月も読んでくださりありがとうございます。

ぐっと気温も下がりましたが、秋晴れの日は気持ちが良いですね。

今月は、あえて秋を欲張らない品のあるブーケを動画でご紹介したいと思います。

 

秋の丁子草とクレマチスでつくる
バイカラーブーケ

 

この動画の大事なポイントは2つ。

1. 使う花材はたったの2種類

いざブーケを束ねようと思っても、何を買ってどの花材を合わせればいいか悩むことがあると思います。
今回使っている花材は2種類なので、お花屋さんで頭を抱えることなくオーダーしてもらえます。

使った花材
①丁子草(チョウジソウ)
薄く黄色に色づいた丁子草が手に入るのは今の時期だけです。
この色の丁子草をグリーンとして使うことで、さりげなく、それでも上級者のアレンジが実現します。
②クレマチス
クレマチスって春から夏の終わりのイメージが強い花ですが、近年は輸入花のお陰で11月でも手に入ることが増えてきました。
手に入る時期が変わるのも、生きた花材ならではですね。

 

2. バイカラー(2色)を際立たせて

このブーケでは、秋色の丁子草と上品な紫のクレマチスがマッチするように色を選んでみました。
使う花材は決してクレマチスではなくても良いのですが、秋の丁子草の色に似合うお花を選んであげてください。

使う花材のセンスで秋を感じる。
難しいことは不要です。

忙しい年の瀬にむけて、欲張らない秋の楽しみを日常に加えてみてください。

 

今月のお花
〜モカラ Mokara〜

画像手前のオレンジの可愛い花です。

動画では落ち着いたお花を紹介したので、こちらでは色あざやかなモカラをご紹介。

ラン科、花言葉は「優美 気品」。

名前も可愛いモカラは合わせる花やグリーンで、可愛いアレンジにも気品のあるアレンジにもなります。

11月ごろまで手頃な価格で切り花として出回っていますよ。

 

花とんぼからの一言

先月のコラムで告知させていただいた個展が無事に終わりました。

多くの方に観ていただくことができました。
感謝の気持ちで包まれながら次の目標に向かって進んでいこうと思います。

お越しいただいたみなさま、気になってくださった方、どうもありがとうございます。

 

 

View this post on Instagram

 

Sweet moment from exhibition. 個展で飾った花たちをこどもたちが描いてくれました、 Thank you🍁🍂

A post shared by Hanatombo (@hanatombo) on

個展ではこどもたちがお花の命について学んだ展示も発表させていただきました。

花とんぼが、一人でも多くのこどもたちにとって花について楽しんで学ぶきっかけになる場所になれたらいいと思っています。

 

東京では紅葉シーズンも目前、とっても楽しみですね。

紅葉って、夏にたくさん光を浴びた葉っぱたちが、寒くなり役割を終えようとすることで色が変わる現象なんですよね。

あんなに綺麗なのに、次の命のバトンの前の最後の舞台のような…なんだか儚くなります。

私ごとですが、今大きなお腹でコラムを書いていて、もう幾つか寝たら新しい命が誕生しようとしています。

紅葉を見ながら、葉っぱの命のドラマを受け継いで、気持ちの良い心で新しい命と対面できたら幸せだなと思っています。

出産を控えていますが、来月はいよいよクリスマスの時期なので、今からコラムを書くのが楽しみ!

Holiday Seasonにぴったりなコラムをお届けできたらと思っております。

今日のコラムも読んで頂きありがとうございました。

 

野心を叶えたら、
ハッシュタグでシェア!


NEXTWEEKENDでは、毎月季節のテーマに合わせたハッシュタグや、企画ごとのハッシュタグをつくっています。

読者の皆さんと一緒に同じハッシュタグを使って、季節の小さな野心を叶えていき、そのタグに集まった投稿をもとにコンテンツを作るという素敵な循環…!
それを私たちは、「野心サイクル」と呼んでいます。
ぜひみなさんの叶えた野心は、ハッシュタグ「#週末野心」で教えてくださいね。
▶︎今月のハッシュタグ「#忘れたくないメモ」も募集中!