NEXT WEEKEND DATE

コラム「週末、夫婦でおうち食堂」では、週末に夫婦でのんびりキッチンに立って、季節を感じる食材を使い、簡単に作れる一品料理をご紹介しています。

秋に食べたくなるフルーツといえば、りんご。

そのまま食べたり、スイーツにしたりすることはありますが、果物をお料理に使うのは少しハードルが高く、おかずには使ったことがない、という方もいるのではないでしょうか。

そこで、今回はりんごをソースにして、旬のカジキマグロと合わせたプレートをご紹介します。

 

カジキマグロ
生姜とりんごのソース

作りやすい分量(約2人前)

カジキマグロの切り身:2枚
小麦粉:適量
バター:10g
【調味液】
りんご:1/4個
生姜:1片
うすくち醤油:大さじ1
みりん:大さじ1
砂糖:ひとつまみ
白だし:小さじ1/4
【付け合わせ】
レモン:1/4個
カイワレダイコン:1パック

 

作り方

▲「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」
動画チャンネルと連動してお届けします。

 

1.調味液をつくるために、りんごと生姜をすりおろします。

残りの調味料と一緒に材料を全て合わせて混ぜて調味液の完成です。

2.カジキマグロの両面に小麦粉をまぶしておきます。

3.フライパンにバターを入れて、中火にかけます。

バターが溶けてふつふつしてきたら、

カジキマグロを入れて、片面2分ずつ焼いていきます。

焼き色が小麦色になったら裏返します。

4.⑴で作った調味液をすべていれて、煮詰めていきます。

とろみがついてきたら火を止めます。

器に盛り、レモンとカイワレダイコンを添えて完成。

ワンポイント

・カジキマグロは火を入れすぎると固くなるので注意してください。

・りんごは鬼おろしですりおろすと、食感が残って美味しいのでオススメです。

・白ワインや日本酒にも合うので、お酒のアテとしても◎


「りんごをつかった料理をするから、今日は赤いエプロンをつけてみよう」

そんな小さなことでも、パートナーと一緒に楽しめたら、日々の料理がもっと楽しくなるはず。

 

お知らせ

コラム「週末、夫婦でおうち食堂」のライターである、料理家のゴウキさんと、ライフスタイルデザイナーのモモコさんによる夫婦ユニット「てとてと」。

そんな二人がメニュー開発や店舗企画を行っている都立大学のカフェ「ICHI no SAKA イチノサカ」 にて、プロデュースした3種類のチーズクリームティーが登場したそう。

ぜひ気になる味を堪能してみてくださいね。

 

野心を叶えたら、
ハッシュタグでシェア!


NEXTWEEKENDでは、毎月季節のテーマに合わせたハッシュタグや、企画ごとのハッシュタグをつくっています。

読者の皆さんと一緒に同じハッシュタグを使って、季節の小さな野心を叶えていき、そのタグに集まった投稿をもとにコンテンツを作るという素敵な循環…!
それを私たちは、「野心サイクル」と呼んでいます。
ぜひみなさんの叶えた野心は、ハッシュタグ「#週末野心」で教えてくださいね。
▶︎今月のハッシュタグ「#秋のしわざ」も募集中!