NEXT WEEKEND DATE

コラム「週末、夫婦でおうち食堂」では、週末に夫婦でのんびりキッチンに立って、季節を感じる食材を使い、簡単に作れる一品料理をご紹介しています。

今回ご紹介するのは、「舞茸のお好み焼き」。

お好み焼きといえば、キャベツを使うのが一般的ですが、こちらは香りのいい舞茸とネギをたっぷり使う秋らしいレシピ。

小麦粉は少量しか使わないので、ホロホロとほどけるような食感です。

ヘルシーだけどお腹はいっぱいになるので、お昼ごはんにも、ビールのお供にもぴったりの一品です。

 

舞茸のお好み焼き

作りやすい分量(約24cm1枚)

舞茸:1パック
九条ネギ(なければ白ネギ):1/2束
豚バラ肉 スライス:2枚
小麦粉:大さじ2
白だし:小さじ1/4
塩:ひとつまみ
卵:1個
お好み焼きソース:適量
マヨネーズ:適量【つけあわせ】
カイワレダイコン:適量
かつお節:適量

 

作り方

▲「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」
動画チャンネルと連動してお届けします。

 
1.舞茸は適当な大きさにばらしておきます。

2.九条ネギは小口切りにしておきます。

 

3.ボウルに舞茸、九条ネギ、白だし、塩、小麦粉を入れて、ざっくりと混ぜ合わせます。

 

4.全体に行き渡ったら、卵を割り入れて、さらにざっくり混ぜ合わせます。

 

5.フライパンに油をひいて、弱火で⑵を焼いていきます。
形を整えたら蓋をして、8分焼きます。

6. 8分経ったら蓋をとって、上に豚バラ肉をのせます。

7.お皿に一度取り上げて、お皿の上にフライパンをかぶせ、ひっくり返したら弱火のまま4分焼きます。
(動画をぜひご覧ください!)

8.お皿に取り上げてソース、マヨネーズ、カイワレダイコン、かつお節をのせて完成。

 

ワンポイント

このレシピは小麦粉の量が一般的なお好み焼きに比べてかなり少ないです。

お好み焼きが固まる、限界ギリギリの量の小麦粉しか使っていないので、食べる時も口の中でホロホロほどけるような触感になります。

一度食べたら、病みつきになるかもしれません!
ぜひお試しください。

 

私たち夫婦「てとてと」のブログでは、夫婦で暮らしを楽しむヒントを掲載しています。

ぜひこちらもご覧ください。

野心を叶えたら、
ハッシュタグでシェア!


NEXTWEEKENDでは、毎月季節のテーマに合わせたハッシュタグや、企画ごとのハッシュタグをつくっています。

読者の皆さんと一緒に同じハッシュタグを使って、季節の小さな野心を叶えていき、そのタグに集まった投稿をもとにコンテンツを作るという素敵な循環…!
それを私たちは、「野心サイクル」と呼んでいます。
ぜひみなさんの叶えた野心は、ハッシュタグ「#週末野心」で教えてくださいね。
▶︎今月のハッシュタグ「#秋のしわざ」も募集中!