NEXT WEEKEND DATE

コラム「週末、夫婦でおうち食堂」では、週末に夫婦でのんびりキッチンに立って、季節を感じる食材を使い、簡単に作れる一品料理をご紹介しています。

今回ご紹介するのは、枝豆の炊き込みご飯。

おつまみとして食べる事が多い枝豆を、食卓の主役にしてみるのも楽しいと思います。

枝豆の爽やかな香りや、サクッコリッっとした食感、お肉の甘辛い味付け。

全てが合わさって、夏バテ気味でも自然と食がすすむ一品です。

 

枝豆の炊き込みご飯

作りやすい分量

枝豆  :1袋
ミョウガ:2個
米   :2合
しらだし:大さじ1.5
水   :355g
ひき肉(合挽):100g
バター :10g
胡椒  :お好みで
【調味液】
A:みりん:大さじ2
A:醤油 :大さじ1

 

作り方


▲「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」
動画チャンネルと連動してお届けします。

1.枝豆は
 1Lに対して10gほどの塩(分量外)を入れて、一気に茹でます。
茹で時間は、グラグラに沸騰させたお湯で60秒ほどです。

茹で上がったら、流水で冷やし、

皮を外して豆だけの状態にしておきます。

枝豆の皮を外すのは、パートナーと一緒にやってみてはいかがでしょう。

「夏バテ気味のあなたのために、美味しいものを一緒に作ろう」
そんな風に声をかけたら、きっと喜んでくれるはず。

 

2.ミョウガは千切りにしておきます。

3.米を洗って、しらだし、水を入れて炊飯します。

4.バターを溶かしてひき肉を炒めます

ある程度炒まったら、【A】を入れて水分が無くなるまで炒める

 

5.炊き上がったごはんの上にミョウガを敷きます。

その上に、ひき肉を敷き、

枝豆を真ん中に こんもりと盛り付け、

ブラックペッパーをふりかけて完成。

一緒に炊き込まず、炊き上がったご飯に混ぜこむことで、枝豆のコリコリとした食感を残したご飯にしあがります。

 

ワンポイント

・枝豆は、食感が大事なので茹で過ぎないように注意!

・皮を剥いた枝豆を日本酒か水に数分漬けて、薄皮を剥くと、食感がさらによくなります。

 

お知らせ

コラム「週末、夫婦でおうち食堂」のライターである、料理家のゴウキさんと、ライフスタイルデザイナーのモモコさんによる夫婦ユニット「てとてと」。

二人が不定期で開催する「てとてと食堂」は、数ヶ月先まで予約でいっぱい…!

そんなお二人が、現在参加できる体験イベントを企画中です。

興味のある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。

7月28日
明石でタコのイベントやります!

「てとてとの友人、明石だこを茹でて100年『金楠水産』4代目のクス君や、熱燗DJつけたろうさんと一緒に、明石の美味しいタコや、美味しいお酒、美味しい食材、魅力的な人を紹介するイベントを開催します。
ぜひぜひ遊びにきてください。」