NEXT WEEKEND DATE

こんにちは。
花とんぼ、アートディレクターのAimeeです。

フラワーアーティスト 座間アキーバが紹介するお花の世界を、私の目線で解説しているコラム「花がある暮らしの続け方」。
今月も読んでくださりありがとうございます。

本年も、花とんぼがみなさまの毎日に彩りを与えられるように、種まきのお手伝いができたら嬉しいです。

そんな新年の想いも込めて、今回は生命とエネルギーを感じる球根のついた春の花のアレンジメントをご紹介します。

 

寒い毎日にエネルギーを与える
球根アレンジ

この時期、切り花としても楽しめる球根がついたお花が出回ってることをご存知でしょうか?

きっとお花屋さんでみかけることも多いと思います。

この球根がついたお花は、土に埋めて楽しむこともできますが、生育用ではないため、切り花と同じようにアレンジメントとして楽しむことが出来るんです。

今回のアレンジメントは、枝(公園で落ちているようなものでもOK)で支えを作って花を飾ります。


▲How toは動画でチェック!

 

このアレンジメント、おすすめポイントがたくさんあって…

1. 準備するものは、球根つきの花と枝のみ。
2. コーヒーソーサーなど家にある器でアレンジ可能。
3. 球根つきだから長持ちします(3週間ほど!)

そして何よりとても簡単。

アレンジメントとして楽しんだあとは、切り花と同じように処分するのが一般的ですが、試しに埋めてみたら花がもっと元気になったという例もあるそうです。

体調が不安定な冬に、エネルギーを感じるアレンジで毎日を乗り切ってください!

 

今月のお花
〜ムスカリ Grape hyacinth〜

紫色のぶどうのような形が可愛い春の花、ムスカリ。

ユリ科、花言葉は「失意・失望」です。

今まで、前向きな花言葉を紹介してきましたが、紫のムスカリの花言葉はちょっとウェットな悲しい意味をもっています。

花言葉は豆知識程度で知っていると面白いですよね。

この写真は、個展で発表させていただいた作品です。
(撮影・Yosuke Sano)

 

花とんぼからの一言

 

 

View this post on Instagram

 

Happy New Year 🎍 #hanatombo #floralart #flowersofbluebottle #ブルーボトルコーヒー

A post shared by Hanatombo (@hanatombo) on

生け込みを担当させてもらっているブルーボトルコーヒーさんに飾ったお正月アレンジ。

改めて、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

寒い毎日ですが、春の支度が待ち遠しくて楽しくなります。

球根がついた花たちは、春の開花にむけての命のバトンを感じて、この時期ならではなので、ぜひ楽しんでください!

 

野心を叶えたら、ハッシュタグでシェア!


NEXTWEEKENDでは、毎月季節のテーマに合わせたハッシュタグや、企画ごとのハッシュタグをつくっています。

読者の皆さんと一緒に同じハッシュタグを使って、季節の小さな野心を叶えていき、そのタグに集まった投稿をもとにコンテンツを作るという素敵な循環…!
それを私たちは、「野心サイクル」と呼んでいます。
ぜひみなさんの叶えた野心は、ハッシュタグ「#週末野心」で教えてくださいね。
▶︎今月のハッシュタグ「#週末野心2020」も募集中!