NEXT WEEKEND DATE

クリスマスの足音が近付いてきた、今日このごろ。

今月のコラム「大切な人への贈りもの菓子」では、コロンとした形が可愛い「チーズクリームとジャムのブッセ」をお届けします。

粉雪を連想させる粉砂糖をふわりとかけて焼くお菓子は、この時期にぴったり。

一口サイズなので、ホームパーティーで出しても良し、ラッピングしてお持たせにしても良いので、仲間と集まる機会が何かと多いこの季節に大活躍です。

ふんわりと焼き上げるコツと、クリスマスのラッピングと持ち運びのコツも合わせてご紹介します。

 

チーズクリームとジャムのブッセ

材料

卵白…40g
卵黄…20g
グラニュー糖…20g
薄力粉…30g
アーモンドプードル…20g
粉砂糖…適宜
▼トッピング
チーズクリーム(クリームチーズ50gに生クリーム 小さじ1/2を入れ、混ぜる)
お好みのジャム(今回は、いちごジャム、みかんジャム、チョコスプレッドを使用)

下準備

・薄力粉とアーモンドプードルをふるっておく。

・絞り袋に口金をセットする(今回は、直径1cmの口金を使用)。

・天板にオーブンシートを敷く。

・オーブンを180℃にセットする。

 

作り方

1.ボウルに卵白を入れて、泡立て器でゆるめに泡立てます。

2.グラニュー糖を3回に分けて入れ、都度泡立てます。

ピンとつのが立つまで、しっかりめに泡立てます。

3.卵黄を入れ、軽く混ぜます。

この時、完全に混ぜ切ってしまうと、泡立てたメレンゲが潰れてしまうので、黄身が少し残るくらいで大丈夫です。

4.薄力粉とアーモンドプードルをふるい入れます。


下準備で一度ふるってますが、再度ふるい入れ、さっくり切り混ぜます。
このときも、混ぜすぎ注意!メレンゲを潰さないように、素早く切り混ぜします。

6.絞り袋に入れます。

7.天板に絞り出します。

絞り袋がない方は、スプーンを使って生地を落としても大丈夫。

8.生地の表面に、粉砂糖をふるいます。

9. 180℃で10分焼きます。

お使いのオーブンによって、焼き加減が変わるので、焼き時間は調整してくださいね。

10.生地の粗熱が取れたら、チーズクリームとジャムを挟んで完成です。

ホームパーティーのときには、ピンチョスのようにしても可愛いです。

ジャムやスプレッドを並べて、各々サンドしてもらう演出をしても、盛り上がりそうです。

 

ラッピングについて

今回は、ふわふわの雪をイメージしたラッピングをご紹介します。

ブッセは、生地が柔らかいため、潰れにくい方法で包みます。

 

1.ブッセを透明の袋に入れ、三角になるように袋の端と端を合わせ何回か折ります。

2.透明なテープでとめます。

3.透明な箱と綿を準備します。
(写真はシモジマで購入したものを使用)

箱の底に、雪をイメージしてふわりと入れます。

ブッセを入れます。

カードを入れたら完成です。

オーナメントを覗かせても可愛いですね。

今回は、チーズクリームとジャムの組み合わせでしたが、アイスを挟んでも良さそうです。

ぜひ、アレンジして楽しんでくださいね。

素敵なクリスマスをお過ごしください♩

 

野心を叶えたら、
ハッシュタグでシェア!

NEXTWEEKENDでは、毎月季節のテーマに合わせたハッシュタグや、企画ごとのハッシュタグをつくっています。

読者の皆さんと一緒に同じハッシュタグを使って、季節の小さな野心を叶えていき、そのタグに集まった投稿をもとにコンテンツを作るという素敵な循環…!
それを私たちは、「野心サイクル」と呼んでいます。
ぜひみなさんの叶えた野心は、ハッシュタグ「#週末野心」で教えてくださいね。
▶︎今月のハッシュタグ「#集う日なもんで」も募集中!