NEXT WEEKEND DATE

大きな声では言いづらいちょっとした悩みや、あえて近い存在のひとには話しにくい悩みは誰にでもあるもの…。

この連載では、みなさまから匿名で募集したお悩みに、NEXTWEEKEND編集長 村上萌が答えていきます。

今日ご紹介するのは、東京育ちの息子さんが北海道の田舎町に移住し、幸せなのかどうか悩むお母さまからのお悩みです。

息子、28歳。この夏、東京から北海道の田舎町に移住しました。
生まれも育ちも東京です。1人暮らしもいいと思います。北海道でもいいと思います。
ただその町は冬はマイナス30度の場所。もちろん知り合いがいるわけでもありません。
悲しいとか寂しいとかそんなことより本人は幸せなのか。
便利さや遊びそれだけが幸せではないと思うが…それだけがいくら考えても考えても答えが出ません。
(50歳・女性・パート)

ちょうど先週、NEXTWEEKENDでも栃木県庁と一緒に、移住についてのイベントを開催したばかりだったので、タイムリーでこちらを選ばせていただきました。

といっても、そのイベントは自分の人生を思い描いた時に、今はどこに住むのがベスト?どんな選択が自分らしい?と、そんなことを自身に問いかけるイベントでしたが、考えてみれば、それを決めた先には、こうして心配してくれる親御さんの気持ちがあるんですもんね。

私自身子供はいるものの、まだ小さく、一緒に移住することばかり考えていたので、子供が巣立ち、1人で移住を決めた時の親の気持ちを想像しきれていませんでした…。

息子さんがどんな理由で北海道に移住されたか私には分かりませんが、きっと、自分で決めた場所であれば、そこで出会う人や、起こる出来事は全てが息子さんの糧になると思います。

その過程で、自分の求める理想の生活が分かったり、自分の長所や短所を知ったり…。

沢山の経験ができると思います。

その逆で、万が一彼が誰かの言うことを聞いてどこかに住んでいたとしたら、何を見ても受け身で、上手く行かなかった時には、その人のせいにしてしまうことだってあるかもしれません。

寒いことや、交通の便が悪いことも含めて、息子さんが自分で決めたからこそ、それに直面した時に改善策を考えたり、新たな野心が生まれるのだと思います。

雪かきの大変さを身をもって知ることで、生まれ育った東京がどれだけ整った環境だったかを自分の言葉で語れるようになることだってあるかもしれません。

お母さまには是非、その場所というよりは「息子が決断したこと」そのものを応援してもらえたら、きっと彼も嬉しいのでは、と思います。

私も夫がアスリートなので移籍が多く、結婚してから既に3回は大きく日本の中を移動していますが、その都度私の親も喜んで遊びに来てくれるのが、とても嬉しいなと思っています。

今私は大阪に住んでいますが、今年の春まで北海道に住んでいた関係で、先日ちょうど4日間に渡っての北海道出張があり、その際、母は娘のシッター役を買って出て同行してくれました。

そこで、毎晩私は現地の知り合いと夕食の予定を入れていたのですが、全て母も既に知っている人たち(5年住んでいた間に紹介していたので)との予定だったので、私が仕事で遅くなった日は、先に娘と一緒に合流してくれていたりと、ちゃんと楽しんでくれたいたことがすごく心強かったです。

私の母の場合は、実写版サザエさんのような巻き込み型タイプなので、コミュニケーションに関してはイレギュラーかもしれませんが、どこへ引っ越しても、そこでの暮らしが楽しくなるように、最初に植木とリビングに飾るブーケを買ってくれたり、1人で部屋で留守番してもらっている間も、楽しそうに近所を開拓してコロッケを買って来たりと、同じ目線で新しい土地を楽しもうと応援してくれているのは、娘としてはとてもありがたいなと思っています。

相談者さんのように親が子の幸せを願い、心配するというのは、とても素敵なことだと思います。

私の義母も、夫が試合で何かあったりすると「今はどんな様子かな?」「悲しそう?楽しそう?」と私に連絡をくれて、いつだって本当に心配しているので、何歳になっても親の思いは変わらないんだなぁ、というのはよく分かります。

ただ、息子さんが少しでも新しい生活のことを報告したくなったり、北海道に親御さんを招待したい、なんて思ってくれるように、まずは決断を応援して、相談者さん自身も、その先にある彼の生活を楽しみにできたら、双方にとってもっと良くなると思います。

それはきっと、彼を信用するということです。

息子さんの選択のおかげで、相談者さんにとっても新しい拠点が増えたら楽しいですね!

北海道に暮らす息子さんも、まもなく最初の冬を迎えて、美味しいおしるこや簡単に食べられる温かいものが家にあると嬉しいかもしれません。

遠くから母ができること、きっと沢山あるはずです。

是非楽しんでサポートして差し上げてください…!応援しています!

 

お悩み募集中!

「編集長がこたえます!」では、みなさまからのお悩みを募集しています。

大きな声では言いづらいけどちょっと誰かに聞いてほしい…

そんなお悩みがある方はぜひ以下のフォームからご投稿ください。

お悩み投稿フォームはこちらから

※すべての質問に回答できるわけではございません。
また、頂いたお悩みはNEXTWEEKEND/村上萌の発信する他のコンテンツで使用させて頂く場合がございますこと予めご了承のほどよろしくお願いします。