NEXT WEEKEND DATE

NEXTWEEKENDコラムよりお届けする「週末ホームパーティの楽しみ方」。

このコラムではバースデープランナーとして活躍する
Weekender編集部代表コラムニスト久野小夜子さんが、子どもも大人も楽しめるパーティの空間装飾や小さなサプライズアイディアを毎月お届けしていきます。

10月といえば、すっかり定着したハロウィン。

今回はハロウィンといえばのモチーフ「かぼちゃ」を楽しみ尽くす、パーティアイディアをご紹介します。

ただ食べるだけではなく、新たな楽しみを見つけていただけたら嬉しいです。

 

1.デコレーションを楽しんでみる

お花屋さんでもこの時期よく見かける、飾り用のミニかぼちゃ。

そのまま飾ってももちろん可愛いのですが、せっかくならオリジナルのデコレーションを楽しんでみてください。

ナイフやスプーンを使ってカービングしたり、好きな言葉をペイントしたり、模様を掘ってみたり、ステッカーを貼ってみたり。

みんなでやると盛り上がるので、パーティ前に一緒にデコレーションをするのがオススメです。


子ども達も一緒のパーティなら、一緒に作ったデコレーションをお土産にすると喜ばれますよ。

 

▼かぼちゃをくりぬいて作る「ジャック・オ・ランタン」はこちらの記事より。

本格ハロウィンが楽しめる!「ジャック・オ・ランタン」を作ってみよう

 

2.テーブル装飾としても使ってみる

かぼちゃはテーブル装飾でも活躍してくれます。

ビュッフェ風にもセンターピースにも使える、飾り方のステップをご紹介します。

①まずはバランスを見ながらかぼちゃの位置を決める。
(サイズの大小が偏り過ぎないようにするのもポイント。)

②松ぼっくりなどの小さめのアイテムを、並んだかぼちゃの隙間に添えていく。

③ユーカリなどのグリーンを間に挿して、全体を調整したら完成!

この3ステップでバランス良く飾れます♩

テーブルに限らず、ウェルカムスペースなどにもおすすめですよ。

 

3.ミニゲームを楽しんでみる

ハロウィンパーティを企画するなら、用意しておくと盛り上がるのが「ミニゲーム」。

簡単に楽しめておすすめなのが「かぼちゃの重さ当てゲーム」です。

予測した重さとの差が一番近かった人が勝ち…!

装飾に使ったかぼちゃ、紙とペン、計りがあればできますよ。

 

4.最後は、かぼちゃを大胆に味わってみる

食用のかぼちゃなら、デコレーションやミニゲームを楽しんだ後、やっぱり美味しく食べたい…!

普段はなかなかできないダイナミックなお料理も、まるまる大きなかぼちゃを買いたくなるこの時期ならでは。

かぼちゃをくり抜いて器にした、チーズフォンデュなんていかがですか?

 

10月は短い秋をたっぷり楽しむチャンス。

好みのかぼちゃを見つけたら、友人や家族と一緒にホームパーティを開いてみてくださいね。

 

野心を叶えたら、
ハッシュタグでシェア!


NEXTWEEKENDでは、毎月季節のテーマに合わせたハッシュタグや、企画ごとのハッシュタグをつくっています。

読者の皆さんと一緒に同じハッシュタグを使って、季節の小さな野心を叶えていき、そのタグに集まった投稿をもとにコンテンツを作るという素敵な循環…!
それを私たちは、「野心サイクル」と呼んでいます。
ぜひみなさんの叶えた野心は、ハッシュタグ「#週末野心」で教えてくださいね。
▶︎今月のハッシュタグ「#秋のしわざ」も募集中!