NEXT WEEKEND DATE

こんにちは。
花とんぼ、アートディレクターのAimeeです。

フラワーアーティスト 座間アキーバが紹介するお花の世界を、私の目線で解説しているコラム、「花がある暮らしの続け方」。

9月のコラムは、私たちも大好きな時期、秋色に彩る花たについてお贈りします。
雑談ですが、夏の終わりに道端の木にだいたんに咲くピンクや白の大振りの花たちを見ると、暑い夏の終わりを感じます。

私はこの花たちが開花する姿をみると、秋からまた頑張ろう!と気合をいれています。

この木は、サルスベリの木。

そしてもうすぐ、街を歩くと金木犀の香りがして、秋の訪れを感じる日も近いのではないでしょうか?

建物やお店の色が白やグレーに偏りがちな日本で、自然のキャンバスで染まった色とりどりの花を見かけたり、ふっとお花の香りがしたりするとなんだか嬉しい気持ちになります。
花とんぼのコラムでも、秋の訪れをふんだんに感じられる「花とキャンドルのアレンジメント」をご紹介します!

 

秋の夜長に灯す、花とキャンドルのアレンジメント

8月にご紹介した、水に浮かすアレンジ「涼を感じる、夏の花あそび」の応用編です。

キャンドルと花を共に水に浮かせるって、少し躊躇してしまうかもしれませんが、火を灯してから優しく水に浮かばせてあげれば安全ですし、その美しさに惚れ惚れします。


※キャンドルの周りにはなるべく小さな花を散らしたり、花びらが広がりやすい花はキャンドルから離すとより安全です。

ぜひ動画を参考にしながら、秋の夜長に添えてみてくださいね。

 

使った花は、アトランチア、マム、ケイトウ、クレマチス。

暖かい色合いの花でまとめると秋らしく、キャンドルの灯りともマッチしますよ。

 

今月のお花
〜ケイトウ〜Cerosia Argentea〜

鶏のトサカに似ていることから、ついた「ケイトウ」という名前。

7〜11月に開花して、秋には様々な色合いのものが出回っています。

ヒユ科、花言葉は「行動的」。

オレンジや黄色や赤をイメージしますが、グリーンのケイトウをメインにしたアレンジメントも素敵ですよ。

 

花とんぼからの一言

 

 

View this post on Instagram

 

Sketch by Akiva. #flowerart #hanatombo #floralart #floweruniverse

A post shared by Hanatombo (@hanatombo) on

こちらは、数年前の長崎ハウステンボスで開催された世界フラワーガーデンショーで出展した作品を、座間アキーバがスケッチしたもの。

今年も10月に、長崎ハウステンボスで開催される世界フラワーガーデンショーで特別展示を飾る予定です。

お近くの方がいましたら、ぜひお越しください。

そして11月には、座間アキーバのフラワーアーティスト10周年を記念したソロ個展を開催します。

詳細は今月中に花とんぼのインスタグラムでお知らせしますが、この場を借りて一足早くお知らせさせて頂きます。

Akiva Zama Exhibition
期間:2019年11月2日〜4日
Blue Bottle Coffee 中目黒カフェ
(地下1階の展示スペールにて開催します)

 

秋の花たちの暖かさやぬくもりは、私たちも特に気に入っていて、この時期にフラワーアートを発表する場所があるのはとても嬉しいことです。

楽しかった夏から、秋冬に変化するこの時期を、ぜひ花たちと共に楽しんでみてください。