NEXT WEEKEND DATE

こんにちは。NEXTWEEKEND代表の村上萌です。

先日弊メディアが10周年を迎えたことで、2012年から1年ずつ、この10年間を振り返るコラムを綴ってきましたが、最後にこれからの展望について少しだけ書かせていただきました。

10年を振り返った時、シェアオフィスの一角から始まった私たちでしたが、表参道のCOMMUNE246でのサンドイッチ屋GARTENを経て、
誰かが集ってくれる場所と自分たちが働く場所を同じにしたいという思いで今の外苑前のNEXTWEEKEND HOUSEを路面に構えました。

そして、今年、今一度この時代に合わせてみんなが集える拠点を増やそうと思っています。

場所は本社である外苑前とは少し離れた、横浜市青葉区。

季節と天気に合わせて過ごし方を工夫しながら、もちろんGARTEN COFFEEもゆっくり味わっていただける場所。ぜひ、再び皆様と集える場所に育てていきたいと思っています。

詳細はまた追ってお知らせいたしますが、どうか楽しみにしていただけたら嬉しいです。

10周年の記事より

新しい拠点は、庭を予定しています。

私自身ずっと「大人も子どもも遊べる公園を舞台に、その中にあるオフィスで仕事を作っていきたい」と思っていましたが、これはその挑戦の第一幕。

共に季節を楽しみ、なんの理由がなくとも集まって、それぞれにとって、お気に入りの場所がある場所にしていきたいと思っています。

(※イメージです)

 

1000坪ある庭には元倉庫だった20坪ほどの小さな空間がありますが、そこにGARTEN COFFEEをオープンさせる予定です。

こちらもまだイメージ段階にはなりますが、こんな感じ。

ドイツ語で庭を意味するGARTENが庭の中にできれば、それはもう叶えたいことは沢山あります。

ピクニック、マルシェ、大人も子どもも楽しいワークショップ、いろいろ…!

実は、この企画が動き出したのはまだ世の中がコロナ禍に包まれる前のこと。

本当に色々なことがありましたが、この秋ついに庭と共にオープンすることができそうです。

場所は横浜市青葉区、田園都市線沿線に位置します。

東急線は個人的には青春時代がつまった町。

田園調布にある祖母の家でアイデンティティを育み、つくし野で部活動に勤しみ、自由が丘で恋をして、渋谷のライブハウスに通った日々…。

なんといっても、今回の舞台は私自身生まれ育った町でもあります。

今ではすっかり綺麗な駅になりましたが、私が小さい頃は改札を出たところに郵便局だけがあって、猫がのんびり歩いていて…、とてもしみじみした駅でした。

商店街の夏祭りには沢山の子どもたちが集まって、友達とそこで集合するのが夏休み1番の楽しみでした。

バスで10分行くと山に囲まれる緑豊かな場所、私の父はかつてこの町でジャズバーを営んでいました。

(かつての掲載誌…!)

懐かしいなぁ。

30年の月日を経て、あの時オレンジジュースを飲みに行っていた父の店の近くで自分も店を出す日がくるとは…。

庭の情報解禁は9月末、全体のグランドオープンは10月末を予定していますが、GARTEN COFFEEでは現在オープニングスタッフを募集しています。

募集記事はこちら

情報が揃うまでに時間がかかってしまい、締め切りが少しタイトになってしまいましたが、まだ見ぬ景色を一緒に作ってくれるチームを作っていけたら嬉しいです。

最初はまだ植物たちも小さな庭かもしれませんが、皆様と季節を通してお会いできることを心から楽しみにしています。

Share On