NEXT WEEKEND DATE

ちょっと余裕のある週末には、
いつもよりちょっと手の込んだ料理を楽しみたい、
なんて気分にもなるものです。

そんな野心が湧いた瞬間に
キッチンがすっきり整頓されていると
さらにやる気も出ますよね。

そこで今回は、
キッチンツールをすっきり使いやすく収納できる
木箱のカスタマイズ術をご紹介したいと思います。

そのままでも十分使える木箱ですが
せっかくなら雰囲気に合わせたデザインに
カスタマイズしてみると
キッチンの統一感がぐっと増します。

収納が足りなくて困っている、という方は
次の週末にでもぜひ挑戦してみてくださいね。

 

オリジナル木箱の作り方

用意するもの

・転写シール A4判 透明タイプ
(今回は「エーワン 転写シール:透明タイプ/A4判ノーカット」を使用しました。)
・好みのデザインテンプレート
・木箱
・好みの色のペンキ
・刷毛
・はさみ
・定規
・水

使用するのは、透明タイプの転写シール印刷用紙。

木やプラスチック、ガラスなど
どんな素材でも、好みのデザインを
転写することができます。

木箱は、100円ショップやホームセンターで
手軽に手に入る、シンプルなものを用意しました。

 

作り方

1.まずは木箱の表面をペンキでカスタマイズ

使用するデザインを張り合わせた時に
デザインが映えるような明るい色がおすすめです。
しっかり乾くまで待ってくださいね。

2.転写シールにデザイン印刷をする

転写シールを購入すると、
白地の「印刷ベースシート」と
透明の「粘着剤シート」の
2枚がセットになっています。

まずは「印刷ベースシート」に
好みのデザインを印刷しましょう。

印刷する際には、柄が鏡文字になるよう
必ず反転印刷をしてくださいね。

 

3.「印刷ベースシート」に「粘着剤シート」を貼り合わせる

印刷した面を十分に乾かしたら、
その面の上に「粘着剤シート」を貼り合わせます。

定規を使って空気を抜きながら貼ると、
綺麗に仕上がりますよ。

貼り合わせたら、デザインに沿ってカットします。

4. カットしたシールを木箱に貼っていく

【3】でカットしたシールの透明フィルムを
ゆっくり剥がし、粘着面(デザイン面)を
木箱に貼り付けます。

6.表面を水で濡らす

貼り付けたシールの表面を
濡らしたティッシュや布で
しっかりこすります。

7.印刷ベースシートを剥がして完成!

印刷ベースシートを剥がしたら、
表面をしっかり乾かします。

乾く前に触れてしまうと
デザインが剥がれてしまうので
注意してくださいね。

 

キッチンツールの収納

自分だけのオリジナル木箱が完成したら、
早速キッチンの収納に役立ててみましょう。

カトラリーや、よく使う調味料は
ひとつの木箱にまとめておけば
そのまま食卓に置いておけるので便利です。

調理の時に使いたいスパイスは
取りやすいよう背の低い木箱に。

小さな木箱も、角にフレームデザインを貼るだけで
ぐっと雰囲気が変わります。

かさばりがちなキッチンクロス類も
ひとまとめにしておけば
すっきりとしたキッチン収納が叶います。

汚れやすいものこそ、花柄の木箱に入れて
ちょっと華やかな印象に。

 

ついアイテムが増えてしまうキッチン周り。

ぜひお気に入りの木箱をDIYして
使い勝手の良い空間をカスタマイズしてみてくださいね。

 

使用したプリンタブルアイテムはこちら

今回使用したデザインデータは、
雑誌NEXTWEEKEND別冊付録連動「ピクニックアイテムセット」
からダウンロードしたもの。

様々な使い方が叶う、
盛りだくさんなセットになっています♩

「ピクニックアイテムセット」のデータダウンロードはこちらから

 

暮らしを楽しむDIY動画配信中!

毎月2日と16日に配信するDIY動画
NEXTWEEKEND PRINTABLES」。

プリンタブルで作る、あると楽しいアイテムの
DIYアイディアをご紹介しています。

「NEXTWEEKEND PRINTABLES」 VOL.1~VOL.21はこちらから

PRINTABLEとは?

PRINTABLEとは直訳で”印刷可能”という意味。
NEXTWEEKENDではデータでダウンロードしていただける
様々なPRINTABLEコンテンツのデータ販売をしています。
ダウンロードしたデータはお好みの用紙やサイズに出力して、
それぞれの用途でお楽しみいただけます。

 

アンケート募集中!

プリントして楽しむDIY動画
「シール台紙で木箱カスタマイズ」をご覧になった皆様の声をお聞かせください♩
たくさんのご意見をお待ちしております。

「Community Project」とは?

NEXTWEEKENDの「季節の楽しみと小さな工夫」というコンセプトのもと、他企業や他ブランドと共に、今より少し楽しい生活を考えていく記事広告コンテンツです。
プロジェクトごとにオリジナルの共通言語(ハッシュタグ)を設定し、企業/ブランドとNEXTWEEKEND、そして読者である女性たちで、理想の生活を叶える“コミュニティ”を一緒に作り上げていきたいという思いが込められています。