NEXT WEEKEND DATE

記事リレー「お国じまん」が始まるということで、
記念すべき第一回目を、住み始めて約5年になる
札幌という地を舞台にご紹介することになりました。
NEXTWEEKEND代表の村上萌です。

北海道旅行する際に気をつけてほしいことは、
何よりも距離感と季節感。

道外の友達から「札幌から出発して、
函館と富良野って同じ日に行ける?」
なんて言われたこともあれば、
6月にBBQしながらダウンを羽織ってた私の
SNS投稿に衝撃を受けられたこともありますが…。

もう、本当に北海道ってとにかく大きい。
本州と季節が全然違う。
そこだけしっかり理解して
旅行しに来てもらえたら嬉しいです。
(ちなみに札幌―函館は車で4時間ほど、
もし富良野を経由したら合計10時間以上かかります…)

だけど、そんな北の大地に引っ越して来て5年が経ち、
なんなら去年は家まで購入してしまって、
すっかり第二の故郷として
大好きな場所になったこの土地。

何がいいって、自然との近さ。
美しい湖も、広大な花畑も、
楽しそうな動物たちもすぐそこ。

自然の中にいると、自分も自然の一部だったという
当たり前のことを思い出せて、
結構色んなことが、突然ちっぽけに感じるから不思議。

そんなわけで、札幌は案外都会ではありますが、
札幌旅行に来る際には、ぜひ、
自然と触れ合う機会は設けていただきたいものです。

さて本題ですが、この記事連載では
オススメの場所を色々紹介していくことになるのですが、
札幌って観光地なんですよね…。

どういう人がどのタイミングで
誰と来るのかによっても全然勧めたいものが違うので、

今回は、「今度札幌に2泊3日くらいで行くんだけど、
何したらいい!?」と雑に聞かれた北海道民の方々が、
そのままこの記事を送ったら楽かもと
思ってもらえるような記事を目指して作りたいと思います。

 

ここは行ってほしい

観光地である札幌に旅行に来るなら、
その時期に何がやっているかを
チェックしていただきたいところ!

大通公園の季節のイベント

まず外せないのは「大通公園」。

いつも何かしらイベントが行われているので
週末にかぶる場合は特に要チェック。

北海道神宮

それからパワースポットとも言われる「北海道神宮」も
季節に合わせて色んな顔を見せてくれます。

北海道の開拓・発展の守護神がいる北海道神宮。

大きな円山公園内にあるので自然も近く、
可愛いリスにも沢山会えます。

お参りの後はぜひ、
六花亭神宮茶屋店で店舗限定の
「判官さま」というお餅をどうぞ。

 

季節の味覚狩り

最後に、個人的なオススメは味覚狩り。
こちらも、いつも何かしらの味覚狩りができます。

滞在するタイミングで何ができるかを
ぜひチェックしてみてください。

私がこれまでに感動したのは、
さくらんぼ、りんご、とうもろこし、アスパラ…!

 

これは食べてほしい

 

ラムの色んな食べ方を楽しんでほしい

札幌に来たらほとんどの人が
食べたがってくれるのがジンギスカン!

濃い味のタレにつけて焼くのが
元々のイメージかと思いますが、
札幌では色んな食べ方が楽しめます。

行列と常識にとらわれず、
ぜひこの機会に開拓してみてください。

好きな店はいくつかあって、
その日の気分で行き先を決めていますが、
個人的にお肉の味が一番好きなのは「八仙大通店」。
「羊苦手なんだよね」と言っていた
友達のほとんどに帰り道謝られました。

 

ちょっと小慣れた食べ方がしたかったら
ラムハウス・ケケレ」。
自家製のハーブのタレが爽やかで、
生ラムの刺なんかも楽しめちゃいます。

 

それから、色んな部位を楽しみたい人は
炭火deジンギスカン しまだや」。
焼肉屋さんみたいにラムの色んな所を食べられます。

 

最後に、小さなお子様とか年配の方が一緒なら
サッポロビール園」(ライラック)。
観光地でもあるのでこちらに住んでるとなかなか行きませんが、
個室もあるので道外から両親が来るときや、
お子様連れはこういう所の方が安心かも。

 

これでもかってほどの海鮮

これはもう北海道全域で鉄板です。
絶対に食べて行ってもらいたい。

正直、回転寿司でもクオリティが本当に高いので
チェーン店の「根室花まる」とか
トリトン」に行ったら、感動は間違いなしです。

エンターテイメント性を求めるなら「はちきょう」。
もちろん食事も美味しいですが、
ストップと言うまでいくらをかけてくれる、
名物の、つっこ飯はみんな喜んでくれます。
(ちなみに前に海外の友達を連れて行ったら、
結構早めにあっさりストップと言っていて、
なんだか今でも1人で時々思い出して
悔しくなったりしています。)

大人の会食とか、ちょっとしっとりしたいなら
函館開陽亭別邸大三坂」がおすすめ。
海鮮をはじめ、ワインやお肉まで美味しく、
なんと朝5時までやってます。

うにのおにぎりこと「うにぎり」と、
塩辛で食べるじゃがバターは
ぜひ食べていただきたい一品です。

※ちなみに札幌の人気店は予約必須です。

 

最後にちょっとしたよりみち情報

温泉に立ち寄るなら…

レンタカーがないと行けませんが、
札幌にはたった40分程度で行ける距離に、
「定山渓」という素晴らしい温泉地があります。

写真は日帰り温泉の「豊平峡温泉」。

露天風呂というよりも野天風呂と言いたい、
自然の景色の中で入る温泉は格別です。

泉質も最高で、お風呂上がりに
なぜかみんなが食べてるインドカレーもオススメ。

周辺にあるパン屋さんやカフェも素敵!

 

朝ごはんに困ったら…

10時から空いているので
ブランチにおすすめなのは「さえら」。

たらばがにサンドが有名な
サンドイッチ専門の老舗喫茶店です。
ローカル気分も味わえます。
朝8時から美味しいコーヒーが飲めるのは
アトリエ・モリヒコ」。
路面電車が走る通りに面したカフェです。

モリヒコの系列は札幌内にいくつかありますが、
どこもその場所に合わせてコンセプトを変えているので、
どの店舗も違う魅力を楽しめます。

一店舗目である「森彦」という名前の木造民家は、
とても趣があって素敵ですが、
週末はかなり混んでいるので行列覚悟。

 

〆のラーメンには…

やっぱりラーメンですね。
私は、「えびそば一幻」が大好きです。

こちらも総本店は、
なんと朝3時までやっているので締めでもいいですし、
万が一食べそびれたら新千歳空港にもあるのでご安心を。

 

こんな感じでしょうか…。

観光名所でもある札幌という場所を、僭越ながら
少しばかりお国じまんさせていただきました。

本当に北海道は遊びに来る季節によって、
ガラリと楽しみかたが変わるので、
ぜひその時ならではのイベントなんかも調べてから
来てくださいね!