NEXT WEEKEND DATE

手にする自由は増えて、
でもまだ自立できる自信もなくて。
正解がわからずに、立ちすくんでしまう20代後半。

すこし肩の力を抜いて、
自分らしく楽しく歩んでいくために
私たちができることってなんでしょう?

そんなことを考えてみたいと思って、
20代後半世代で活躍している
瀬戸晴加さん(以下せとはるさん)に
NEXTWEEKEND HOUSEまで来ていただきました。

いつも自分らしく輝いているように見えて、
実は27歳を前にして
壁にぶつかっていたというせとはるさん。

後編では、その壁を乗り越えた時のこと、
そして30歳に向けて挑戦していきたいことを聞いてみました。

 

自分の心の声に素直に耳を傾けたら、楽になった

ーー悶々としていたせとはるさんが
もう一度前を向けたきっかけは何だったんですか?

せとはるさん:疲れ果てたあげく、
自分の生活にとって必要最低限と思うことだけ
考えて生きてみたら、すごく楽になりました。
自分で決めた幸せの固定観念とか、
人からこう思われたいとかっていう
誰のためにもならない変な義務感を捨てて、
自分の心の声に素直に耳を傾けようって。
恋愛を一度リセットしたのも大きかったですね。
何歳だから結婚しなきゃとか、
親や親戚からのプレッシャーとか、
一度全部えいやって振り切って
スッキリした感はあります(笑)


ーー確かに、悩みの多くは、

他人との比較や周りからの目線が原因していますよね。

せとはるさん:そうそう。
でも人生の選択のタイミングもストーリーも人それぞれ。
自分は自分の納得できる決断をすればそれでいいんですよね。
「今いる場所を選んだのは自分だ」とちゃんと
自覚して進みはじめてからは怖くなくなりました。

 

ーー仕事でも恋愛でも、まわりの評価ではなく、
自分なりの幸せが何か自覚することってすごく大切ですよね。

せとはるさん:そうなんですよね。
私も自分の声に素直になってから、
自分なりの小さな幸せに気付けたと思います。

せとはるさん自分だけの小さな幸せって、
心のブックスタンドみたいな存在になると思うんです。
仕事で疲れた時に行きたいカフェがあることとか、
元気がない時は朝ごはんにこだわってみることとか、
そういう自分なりの立て直し方を知っているだけで、
嫌なことがあったとしても、
事が大きくなる前に防げるというか。
ちょっと心に余裕が生まれますよね。


ーー心のブックスタンド、素敵な表現!

せとはるさん:マイナスの連鎖を断ち切る
工夫を知っている人は強いですよね。
NEXTWEEKENDさんの「#今日の小仕事」っていう
価値観を聞いて、まさにそういうことが
ぎゅっと詰まった言葉だなと思いました。
同じ1日の価値がほんのちょっとした工夫で変わるから、
そういうものをできるだけ形にしようという
考え方にすごく共感しました。

 

ーーありがとうございます。
NEXTWEEKENDでは「#今日の小仕事」を合言葉に、
「プリンターのあるちょっと楽しい生活」を
毎月提案しているのですが、正直プリンターも、
全員が必要なものではないじゃないですか。
使っていたとしても、事務的に使っているだけとか…。
でも、忙しい日々の中で、誰かのためや自分のために、
あると嬉しいものを残すって、
暮らしがすごく豊かになることなので。
そういう価値観を伝えていけたらなと思っているんです。

せとはるさん:素敵な価値観ですよね。
私もそういうことができる人になりたいと、
ここ数年特に強く思っているんです!
今のテーマは、30歳までに
「生活を豊かにしていくための挑戦をする」
ということなんです。

 

30歳に向けたWISHLIST

ーー20代後半、そういう思いの方も多いと思います。
NEXTWEEKENDでは自分が叶えたい野心を

「WISH LIST」と呼んでいるのですが、
せとはるさんも具体的なWISH LISTを考えてみませんか?

せとはるさん:わ、いいですね!
何にしようかな、ちょっと考えてみます。


▲シンキングタイム


▲せとはるさんの5つのWISH LIST


ーー今日伺った内容がぎゅっと詰まっていますね。

せとはるさん:具体的に考えてみるって楽しいですね。
1つめのWISH LISTは、
実はさっそく第一歩を踏み出しました。
3月から初めての一人暮らしをスタートすることにして!
したいけどまだできていなかったことを、
これを機に色々やってみたいなと思っています。


ーー素敵です!
きっと暮らしがぐっと変わりますね。

せとはるさん:好きなトーンのインテリアを
とことん揃えたり、季節のお花を飾ったり、
誰に見せるわけでもない
自分のための「#今日の小仕事」を

少しずつ楽しんでいきたいなと思っています。

 

自分らしい暮らしを楽しむためのPRINTABLESを作りました

そんなわけで今回NEXTWEEKENDでは、
これから生活を少しずつ豊かにしていきたいと
思っている方に向けたPRINTBLESを
せとはるさんと一緒に作ることにしました。

理想のお部屋に必要なものを真剣に考えてみた結果、
毎日自分にかけてあげたい言葉を
PRINTABLESにすることに。

せとはるさんが考えてくれた、
毎朝見たい言葉や、頑張った日の自分に
かけてあげたいと思う言葉はこちら。

・I’m always a new version!
(昨日は昨日、今日は今日。毎日新しい自分でいこう)
・Nobody’s perfect. Just be yourself
(完璧じゃなくたって、あなたらしさがあって素敵)
・Take it easy / It takes time…
( 無理をしないで、ゆっくりいこう)

 

この3つのメッセージを、
なんと大人気イラストレーターShogo Sekineさん
後日こんなに素敵に仕上げてくれました…!!

ポスターにしたり、
メッセージカードにしたり、
ステッカーにしたり…
使い方は自由。

記事を読んでくださった方には、
無料でデータがダウンロードできる
クーポンコードをご用意しています♩

自分らしい暮らしを楽しむ第一歩に、
この春ぜひダウンロードして
使っていただけたら嬉しいです。

 

ちなみに…
自称 超機械音痴だというせとはるさんに
PRINTABLESをこれから使いこなしていただくために
プリンターのセットアップから印刷までを
一緒に実践してみました…!

#今日の小仕事 が楽しめる
素敵な新生活になりますように。


▲お花のある暮らしを始めたいというせとはるさんへ、ご本人をイメージしたブーケを

 

すこし肩の力を抜いて楽しく歩んでいくためのヒントを
せとはるさんにたくさん教えていただきました。

毎日忙しく過ごす中で、
悩みも人それぞれあるけれど、
自分らしい #今日の小仕事 を見つけることができれば
見える景色はすこし変わるかもしれません。

 


「Community Project」とは?

NEXTWEEKENDの「季節の楽しみと小さな工夫」というコンセプトのもと、他企業や他ブランドと共に、今より少し楽しい生活を考えていく記事広告コンテンツです。
プロジェクトごとにオリジナルの共通言語(ハッシュタグ)を設定し、企業/ブランドとNEXTWEEKEND、そして読者である女性たちで、理想の生活を叶える“コミュニティ”を一緒に作り上げていきたいという思いが込められています。