次の週末なにしたい?

MAKE

    • 慌ただしい朝を楽しくしてくれる、マイ"コースター“の作り方
    • 慌ただしい朝を楽しくしてくれる、マイ"コースター“の作り方

      2016.05.31

     

    朝ごはんはもちろん、仕事の合間のブレイクタイムなど、気分にあわせて飲みたいコーヒーや紅茶。

    お気に入りのコーヒーカップやお皿で毎日のちょっとしたリラックスタイムを楽しむなら、

    コースターだって手作りしてみませんか?

    コースターなら、さっとカップの下に敷くだけで、いつものリラックスタイムをもっと

    自分らしいものに変えてくれるかもしれません。

     

     

    用意するもの
    ・好きな色の布二種類
    ・リボン
    ・刺繍糸 刺繍針 刺繍枠
    ・布切りばさみ 糸切りばさみ (糸切りばさみはなくても大丈夫。)
    ・手縫い糸 針
    ・厚紙(普通の紙でも大丈夫ですが、厚紙の方が型取りしやすいです。)
    ・チャコペンもしくはシャーペン

     

    作り方
    1.型紙を作り、刺繍をする

    厚紙を直径11㎝と10㎝に切り取る。布の裏面を上にして、その上に11cmの型紙を置き、型取る。おもて面に返し、型どった円の中心になるように好きな言葉を下書きし、刺繍をする。2・jpg

    3・jpg

     

    2.2枚の布を11㎝の大きさで切り取る

    刺繍ができたら、【1】で型取った11㎝の円の大きさに合わせて切る。もう1枚の布も同じように11㎝の型紙で型取り、切る。4・jpg

     

    3.合わせて、縫っていく

    刺繍をした布の裏面に、10㎝の型紙を中心に合わせて置き、シャーペンでマーキングをする。2枚の布を中表に合わせ、先ほどマーキングした線上を縫う。この時3cmほど開けておく。5・jpg

     

    4.好きなリボンを上から縫い合わせる

    開けておいた部分から裏返し、アイロンをかけ、綺麗な円になるように折り込み、その上を目立たないような色の糸で並縫いする。その後、縁に沿って、好きなリボンを縫い合わせていく。この時、上の1枚の布だけをすくうように縫う。6・jpg

     

    今回は、朝に使いたいコースターを作りたかったので、ベースのカラーは元気が出るような黄色、刺繍はGOOD MORNNINGと入れて、春から夏に変わる季節にぴったりな小花をモチーフにしました。

     
    たとえば、ブルーの布地で、リボンもギンガムチェックに変えてみる!
    なんていうアレンジも素敵です。7・jpg

    ハンドメイドの良いところは、なんといってもカスタマイズできるところ。
    ぜひ、その日の気分や時間帯によって楽しめる、自分だけのオリジナルコースターを作ってみてくださいね。

     

    リラックスタイムの満足度だって変わっちゃうかも…!

    みなさま、素敵な一週間を。

    (文・山下沙樹 編集・NEXTWEEKEND)

     

ページの先頭へ
Add to favorites