次の週末なにしたい?

EAT

    • 誰でもつくれるビストロの味、ジューシーなコンフィ
    • 誰でもつくれるビストロの味、ジューシーなコンフィ

    3つの楽しい食材の組み合わせから生まれる、感動の“新しい味”を提案する「Thre­e Good Things」。

    今日は1度食べたら病み付きになるメイン料理、しっとりジューシーなコンフィの作り方­をご紹介します。

    選ぶ3つの食材は、骨つき鶏肉、レモン、ローズマリー!

    「コンフィ」といえば、ビストロやワインバーなどでよく見かけるなんだかやたらとお洒­落な料理…。

    食べたことのあるひとは、肉がほろほろとくずれ、ジューシーでうまみがたっぷり詰まっ­たあのコンフィを、自分で簡単に作ろうとは思えないはず…。

    でも実はとっても簡単につくれてしまうポイントがあるのです。

    そもそもコンフィとは、焼くのではなく、オイルでじっくりと煮るフランス発祥の調理法­なのですが、今回はジップロックを使用します。

    レモンとローズマリーとの相性はばつぐん。
    肉の臭みを消すだけでなく、香り高く味に奥­行きをだしてくれます。

    手間をかけずにプロの味を楽しんでみてくださいね。

    材料/2人分
    ・骨つき鶏もも肉 2枚
    ・オリーブオイル 60~80g
    ・サラダオイル 60~80g
    ・レモン 1個(皮のみ)
    ・ローズマリー 3~4本
    ・にんにく 一片
    ・塩 適量
    ・小麦粉 適量ingredients

     

    作り方
    1. 塩をふった鶏肉を網の上に置き、ラップをしないまま30分程度冷やして水分をとり­ます。

    2.軽く塩をふきとり、ジップロックの中に鶏肉を入れ、ひたひたになるくらいの油を入­れます。(オリーブオイルだけだと少ししつこいので、サラダ油と1:1程度の割合で漬­けるのがおすすめです。)

    3.レモンの皮、ローズマリー、スライスしたにんにくを【2】に追加します。レモンの皮とローズマリーはトッピング用に少し残しておいてくださいね。

    4.ジップロックの空気をしっかりと抜きます。

    5.お湯を沸かしたら火を止め少し冷まし、そこにジップロックを入れます。

    6.だいたい60度くらいをキープしながら(冷めてきたら弱火で沸かす)置きます。

    7.30分置いたらジップロックから鶏肉を取り出します。

    8.皮目を中心に軽く小麦粉をまぶします。

    9.油をしいたフライパンで皮目からカリッとするまで焼きます。ひっくり返して内側も­軽く焼きます。

    10.お皿に鶏肉、ローズマリー、レモンの皮をすってトッピングしたら完成です。top3しっとりジューシーな鶏肉に、レモンとローズマリーのすっきりとした香り。

    コンフィは冷めても味がなじみうまみが引き立ちます。

    あまった油は一緒に並べるパスタ­などにも代用しても美味しいですよ。

    温度の保ち方

    60度をキープできるかは美味しさの秘訣。

    いちいち温度をチェックするのが難しいor­面倒な人は、炊飯器を使うのがおすすめです。

    炊飯器の中に70度程度のお湯をはり、そ­こにジップロックを入れて、あとは炊飯器で保温モードにしておくだけ。

    このまま30分­放置すればとっても簡単です。

     

    Three Good Thingsとは
    3つの楽しい食材の組み合わせから生まれる、感動の“新しい味”を提案するレシピ動画です。
    動画はこちらから。
    “気になってはいたけど使い方が­分からない食材”も“慣れ親しんだ食材”も、3つの組­み合わせにすることで、次の週­末取り入れたい理想のレシピになるから不思議。
    9月まではサンドイッチのレシピとしてご紹介してきましたが、1­0月からはちょっとパワーアップ。
    1週目はスープ(ポタージュ)、2週目はサンド­イッチ、3週目はメイン料理、4週目はデザートと、一ヶ月で見るとまるでフルコースのよ­うになるメニューをそれぞれ3つの楽しい組み合わせでご紹介します。

ページの先頭へ
Add to favorites