次の週末なにしたい?

EAT

  • 11月の“絵本の中みたいなレシピ”が始まります!

    収穫祭やクリスマスなどイベントにはさまれた11月ですが、そんなときこそ「なんでもない日バンザイ!」と乾杯したくなるような愉快なテーブルを作りましょう♩

    今月の1週目は、ニワトリもびっくりの“ビーツに染まったピンクのたまご” です。

    ビーツやスパイスと一緒に、ゆでたまごを漬けておけば、テーブルに出した瞬間にみんながあっと驚くプレートの出来上がり。

     

    材料

    卵 6個

    ビーツ缶 1缶

    アップルサイダービネガー 2カップ

    三温糖 1/3カップ

    コショウの実 大さじ1

    塩 小さじ1

    ディジョンマスタード 小さじ1

    マヨネーズ 大さじ1

    お酢 大さじ1

    オリーブオイル 大さじ2

    塩こしょう 適量

    ディル お好み

     

    作り方

    1. 鍋に、6個の卵と水を入れ、沸騰させます。水は、卵の2cmほどが浸かる程度に入れてください。

    2. 沸騰したら、すぐに火を消し、13分余熱で温めます。

    3. 卵の殻を剥きましょう。少しだけ殻を割ってから氷水に一分間浸すと、つるんっと剥けやすくなりますよ。

    4. 卵を漬けるもとをつくります。瓶などの容器に、ビーツ(1缶)、アップルサイダービネガー(2 カップ)、三温糖(1/3 カップ)、コショウの実(大さじ1)、塩(小さじ1)を入れて混ぜましょう。

    5. 13~15時間を冷蔵庫でじっくり漬けておきます。

    6. しっかり漬かった卵を半分にカットし、卵黄を全部取り出してボールに入れます。

    7. 卵黄に、ディジョンマスタード(小さじ1)、マヨネーズ(大さじ1)、お酢(大さじ1)、オリーブオイル(大さじ2)、塩コショウ(適量)を加え、しっかり混ぜ合わせましょう。クリーミーにならない場合は、少しだけ水を加えてください。

    8. 完成した黄身のミックスを卵にもどし、ディルを乗せたら完成です。

     

    バルコニー用のテーブルや椅子は、とっておきの時のために用意しておく
    TABLE画像

    小さなバルコニーでも、小さな椅子とテーブルがあれば、あっと言う間に特別な場所になります。

    家のベランダも使い方次第でとっておきの空間になるはず。

     

     

    WEEKEND TABLEとは

    「次の週末にとりいれたい」を提案するライフスタイルウェブマガジンNEXTWEEKENDが提案するショートムービです。

    なんでもない週末だって“小さな集まり”が開きたくなる、月に1つのWEEKEND TABLE を完成させていきます。

    ちょっと自慢の一品と、テーブルを楽しくする演出にぜひ挑戦してみてくださいね。

    バックナンバーはこちらから

ページの先頭へ
Add to favorites