NEXT WEEKEND DATE

コラム「#コーヒーと小さな野心」では、GARTEN COFFEEバリスタ/コーヒーライフプランナーの井野麻美が、アイディアと一手間ちょっと加えて、ぐっと美味しい時間になるおうちコーヒーの楽しみ方を提案します。

自由研究気分で楽しみたいこの夏のテーマは、「味わうだけじゃない、コーヒーの楽しみ方」。

今回は、コーヒーを使ったメッセージカードの作り方と、紙や布のコーヒー染めのやり方をご紹介します。

淹れすぎて余ってしまったコーヒーやインスタントコーヒーを使って手軽に作ることが出来て、優しい風合いに仕上がります。

 

コーヒーをインクに描く、
夏のメッセージカード

一つ目は、「コーヒーをインクに描く!ふんわり香る、夏のメッセージカード」をご紹介します。

インスタントコーヒーをお好みの濃さで溶いて作るコーヒーインク。

無地のカードにちょっと一工夫するだけで、コーヒー香るオリジナルカードが完成しますよ。

材料、道具

・インスタントコーヒー 適量
・お湯         適量
・無地のカード
・筆やマドラー
・グラス
・油性ペン

 

作り方


▲作り方は動画でもご覧いただけます

 

1.インスタントコーヒーをお湯で溶く。

2.マドラーや筆を使って描く。

3.グラスの縁を使ったり、ペンで下地を描いてから色を重ねてもGood!

4.しっかり乾いたら、完成!

 

濃さを変えたコーヒーインクで描いたり、重ねて描くことで濃淡が綺麗に出ます。

必要な分だけ作ることが出来るのも万能なインスタントコーヒーならでは。

顔や体についても安心なのも嬉しい。


子どもたちの自由な発想、アイデアが面白いです。

ぜひとっておきの夏のメッセージカード、作ってみてくださいね。

 

ヴィンテージ風に仕上がる、
紙のコーヒー染め

二つ目は、ヴィンテージ風に仕上がる「紙のコーヒー染め」をご紹介します。

ふんわりコーヒーの香りがするコーヒー染め。
ギフトを包むラッピングで使用するのもオススメです。

 

材料、道具

・インスタントコーヒー(お好みの濃さ)
・お湯
・お好きな紙や新聞紙
・トレイやバット
・干すための麻紐、クリップ

作り方


▲作り方は動画でもご覧いただけます

1.インスタントコーヒーをバットまたはトレイに入れて溶かす。

2,紙をくぐらせる。

3.しっかり乾いたら完成!

色をしっかり付けたい・濃く仕上げたい方は、濃いコーヒーを使用。

色を薄く・明るめに仕上げたい方は、薄めのコーヒーを使用。

調整がしやすいインスタントコーヒーは万能です!

新聞紙は破けやすいので注意してくださいね。

ラッピングやメッセージカード、ラベルにも。

コーヒー液にくぐらせるだけで、紙の印象が変わるので作る過程も楽しいですよ!

ギフトを渡す時に、「これコーヒーを染めて作ったんだよ」という一言もぜひ添えてみてくださいね。

 

やさしい風合いに仕上がる!
布のコーヒー染め

三つ目は、コーヒーを使って染める「布バックの作り方」。

お手持ちの巾着やトートバッグなどに、ひと工夫加えてみてくださいね。

 

材料、道具

・コーヒー 適量
・塩    少々
・布バッグや巾着
・鍋
・菜箸またはトング

 

作り方


▲作り方は動画でもご覧いただけます 

 

1.コーヒーを鍋で煮詰める。

2.一度火を止めて、布バックや巾着をつけ少し煮る。

3.全体を浸して1時間程置いたら、塩を入れて色を定着させる。

4.絞ってから少し水洗いして、伸ばしたら陰干しする。

5.しっかり乾いたら完成!

 

淹れすぎて余ってしまったコーヒーを使っても◎

色を濃く出したかったら、濃いめのコーヒーを使用する、
もしくは浸け置きする時間を長くしてくださいね。

今回はみょうばんの代わりに、塩を入れています。
(色落ち防止、色を定着させてくれます。)
まるでカフェオレのような、淡くて優しい色に染まりました。

ご紹介した三つ、お子さんと作っても楽しいですよ。

夏の自由研究気分で是非試してみてくださいね!

Enjoy your COFFEE LIFE!

 

GARTEN COFFEE
バリスタ/コーヒーライフプランナー
井野麻美