NEXT WEEKEND DATE

こんにちは。
NEXTWEEKEND代表の村上萌です。

12月にNEXTWEEKENDが掲げている
月間テーマは「集う日の楽しみかた」、
ハッシュタグは #かぞくごと です。

季節の行事、家族の記念日、何でもない日。
毎年変わっていく家族それぞれの‘年齢。
どんな時も楽しみ尽くすために、
大切にしたい #かぞくごと
おなじみのレシピや、
季節ごとに挑戦したいD.I.Y
少しずつ、宝ものみたいな想い出が
増えていきますように。

こんな気持ちで12月のテーマを考えました。

同時にNEXTWEEKENDで考えた
WISHLISTはこの3つ。

まずは、1つ目の
「ちょっと特別な贈り物をしたい」について
私もちょっと記事を書いてみようと思います。

家族へのプレゼントは、「今更いいよね」なんて
お互いなくしてしまっていたりする人もいるようですが、
今更だからこそ張り切ることで
相手の期待を超えられるのではないでしょうか…!
(急に熱くなってすみません)

せっかくなので、
家族や身近な人に贈られて
嬉しかったもの・贈って喜ばれたものを
ちょっとまとめてみようと思います。

 

贈って喜ばれたもの

映画の中みたいなディナー

夫が8年ぶりの夏季休暇で、
まさかの誕生日がかぶっていたので
最終日に海沿いでディナーを企画。
(奥にシェフとサーブする人が
いてくれるという最高の即席レストラン)

ホテルの方が全部組み立てて準備してくれたのですが、
いつも思い出しては夫が「楽しかったね」と
言ってくれるので、好条件が揃ったなら
「いつかじゃなくて今だ!」と、
予約したり交渉してみるのがポイントなのだと思います。

ちなみに宿泊したホテルは
SIX SENSES YAO NOIというところ。
とってもおすすめです。

 

イケメン風「支払っておいたよ」ディナー

両親が結婚記念日に京都旅行をするから、
美味しいお店教えてくれと言うので老舗を予約。

その際にお店の方に無理を言って、
後日請求書で対応させてもらえることに。

私が訪ねたことがあるから
信じてくれたのだと思いますが、
現地で親戚二人も合流して
みんなで沢山飲んだり食べたりした後に
「お会計はいただいています」と言われたことに
両親はものすごく驚いて喜んでくれました。

「今日はごちそうするよ」と招待するのもいいけど、
そんなサプライズもありだなと実感。

歳を重ねるごとに、
奢ってもらう機会が少なくなるからこそ、
さらーっとよりはちゃんと演出したいもんです。

やっぱりアルバム

アナログですが、節目ごとにアルバムを作ってます。

これはアスリートの夫が
毎年キャンプに数ヶ月行ってしまうので、
付き合っていた頃からやっていた恒例行事。
(娘が産まれてからは節目が娘の1歳の誕生日に変わりましたが)

夫の仕事には移籍がつきもの。
同時に各地ではお別れも伴うので、
最近は仲良しのチームメイトの奥さん友達に、
各旦那さんの移籍が決まった時に
泣きながらアルバムを作りました…。

いくらLINEのアルバムに写真をたっぷり入れていても、
やっぱり想い出は形になっていた方が
これからの生活でも時折触れられて良いよなぁ、なんて思っています。

 

贈られて嬉しかったもの

ギフト券

 

 

View this post on Instagram

 

Moe Murakamiさん(@moemurakami_)がシェアした投稿

今年(2018年)の私の誕生日に夫がくれた
NEXTWEEKENDのダウンロードギフトチケット

右側の4つのマッサージ券が結構クイックだったことと、
備考欄に使用期限まで書いてあったので
若干ぶーぶー言ってしまいましたが、
贈呈された時ものすごく嬉しかったです。

小さな頃肩たたき券を作った気持ちで、
贈ってみてはいかがでしょうか…!

 

娘とおそろいのもの


私と娘の誕生日が近いのですが、
友達が二人用にそれぞれUGGのブーツを
プレゼントしてくれたのが、
おそらく初めての親子おそろいとなり、
一気に先の季節が楽しみになったのを覚えています。

私がもらったのは
ウォータープルーフのUGGだったので、
元々UGG愛用者の夫と3人で履いて、
寒い札幌生活も出かけるのが楽しみになりました。

UGGは娘の出産祝いでいただいたものの中でも
特に嬉しかったものたちの一つ。
ファーストシューズもUGGでした。
寒い季節の贈り物にもぜひ。

 

うちに足りてなかった塩とか器具

毎年初夏に梅酒や杏酒を作っているのですが、
それを家に来た人に振る舞う時に、
私がこの細長い瓶にカチカチ当たりながら
お玉でお酒をすくっているのを
ある友達が見ていたらしく、
ある日突然細長いお玉と、
「最近切れてたでしょ」と
お気に入りの塩のセットをくれました。

豪華なプレゼントではありませんが、
「おいおい!見ててくれたのかい!」と感動しました。

プレゼントは、何をあげるか以上に、
どんなストーリーを汲むのかということが重要。

そんな風に、これまでの相手との会話や体験を
思い出した物を贈りたいなぁと改めて思いました。

ちなみに余談ですが、
我が家に遊びに来た友達にご飯を沢山作ったら、
「どうお礼していいか分からないから彫刻刀買ってくるね!」と言って、
夫の顔をフルーツに掘ってくれたのも、
なかなかインパクトのある贈り物でした笑。

 

View this post on Instagram

 

Moe Murakamiさん(@moemurakami_)がシェアした投稿

贈り物に正解はなく、いかに相手の現状や、
二人のこれまでの関係を汲み取れるかが重要なポイント。

この季節は、誕生日以外に
日頃の気持ちを伝えるチャンスです。

それぞれに楽しい贈り物が届きますように…!