NEXT WEEKEND DATE

どの花がいつ咲いて、どんな香りがするのか。

そんなふうに四季の花をちゃんと知って、
やってくる季節を感じながら毎日を過ごせるのは、
小さなことかもしれませんがとても楽しいことです。

NEXTWEEKEND HOUSEでも
毎月欠かさず花を飾っていますが、
季節の訪れを草花で知ったり
知らなかった花の名前を覚えたりしながら、
最初は花に詳しくなかった編集部メンバーも
みんな花が大切な存在になっていきました。

私たちが出会った季節の花たちを、
せっかくなので記事でも毎月ちょっぴり
おすそわけしていきたいと思います。

 

6月の花

どうしてもお部屋がどんよりしがちな梅雨の時期。
そんな空気を柔らかく、明るくしてくれる
元気な色の花たちがよく似合います。

(左から)
・ベロニカ

庭から摘んできたようなナチュラルな雰囲気になるのが魅力の初夏の花。
ブーケの中で動きを出してくれる。
・モナルダ(ベルガモット)
伝統的なハーブで殺菌作用も持つ。
すっとした香りは癒し効果も!
・アスチルベ
花穂がたわわに咲き、ふんわりと可憐な花。
存在感がありつつ他の花との協調性も抜群。
・エキナセア
夏のはじまりに咲く、ブーケのメインに選びたいお花。
名前の由来が「ハリネズミ」なだけに、トゲトゲした花びらが特徴。
・ブラックレースフラワー
実は人参と同じ品種…!
ブーケのバランスをとってくれる名脇役です。

これらを一本ずつまとめて
小瓶にわけて飾りました。

 

ちなみに…
今月の「週末野心学」で
自然派ワインの講座を開催したときには
この花のラインナップに加えて
ワインのシミのような柄のついた胡蝶蘭を追加。

胡蝶蘭と言うと、
お店の開店のときに贈られるような
派手なイメージの花でしたが…

こんなふうに個性的な柄のものを
素朴な花の中に一輪入れ込むと
案外可愛らしいんだな、と新しい発見でした。
(そして胡蝶蘭は持ちもいいのが嬉しいところ)

 

気になった花があったら、
お花やさんで選ぶときなどに
思い出してもらえたら嬉しいです。

それでは、来月の花もお楽しみに!

 

Flower selection:fiore soffitta