NEXT WEEKEND DATE

お店で素敵な器がたくさん並んでいても、自分が買うとなると、ついつい間違いのない「白い器」を選びがちだったりしませんか。

そんな方には、こなれたコーディネートを作りやすい上に、どんな料理にも合わせやすい、くすみカラーの器がおすすめです。

強い発色ではないのでのせる料理をあまり選ばず、白っぽい料理も素敵に見せられるので、使い勝手は抜群ですよ。

今回は、くすみカラーの器と盛り付ける料理の合わせ方について紹介します。

 

 ×同系色のメニュー


(黄色い器:鈴木史子、縁取りのあるお皿:遠野秀子、グラス:おおやぶみよ)

器と料理を同系色で合わせると、しっくり馴染みます。
例えばイエローや青の器に、グリーンのサラダやスープも馴染みやすい組み合わせです。
器だけでなく盛り付ける料理もくすみカラーでまとめれば、飾りのハーブを添えるだけでぐっとしまった印象に。

 

 ×ビビッドカラーのメニュー


(プレート:田中直純)

テーブルを華やかにしてくれるビビッドカラーのメニュー。
白や黒の器に盛り付けるとビビッドさがしっかり際立つけれど、それだと派手すぎると感じたら、くすみカラーの器に変えてみてください。
背景のトーンが柔らかくなるので、ナチュラルな華やかさを出すことができますよ。

 

 ×白系のメニュー


(プレート:川口武亮、グラス:iitttala、アルミ皿:アンティーク)

万能カラーの白い器だけど、唯一合わせにくいのが白系の料理。
くすみカラーの器なら、そんな白系の料理とも相性バッチリです。

例えば、色付けは同じ白でも、陶器の地肌がかすかに見えている器なら、白系の料理を寂しく感じさせません。
白で統一させながらも、質感の違う飾りつけをさらにプラスすると、よりしまった印象のプレートにすることができますよ。

 

器の合わせ方も、洋服と同じ感覚で色の組み合わせとして考えてみると、ぐっとコーディネートが楽しくなるかもしれません。

洋服でもこなれたコーディネートを作りやすいくすみカラー。

手持ちは白い器ばっかりという人はぜひ試してみてくださいね。

 


MYTABLE
不定期に店主が店番をする熱海のうつわ屋。
4月の店番日:12日(土)、19日(土)