NEXT WEEKEND DATE

コトコト煮込む音を聞きながら、キッチンに椅子を持ってきて本を読んだり、たまに鍋の中を覗いてみたり…

秋冬は煮込み料理とじっくり向き合うのにぴったりの季節。

今回は、オーブンとフライパンを使い分けてお肉の甘みや旨味を引き出した、煮込み料理をご紹介します。

煮込み料理は難しそうなイメージを抱く方が多いかもしれませんが、細かい作業はなく、ほとんど放っておくだけでできる手軽さなんです。

簡単なのに見た目も華やかなので、おもてなし料理にもおすすめですよ。

 

ハーブチキングリルとりんごの煮込み

材料(2人〜3人分)

鶏もも肉(できれば骨付き)…400g
玉ねぎ…1個
りんご…1/2個
じゃがいも…小3個
塩…4g
ブラックペッパー…少々
鶏ガラスープ…300ml
オレガノ、ローズマリー…各2g
オリーブオイル(鶏肉用)…大さじ1
オリーブオイル(じゃがいも用)…大さじ3

作り方

1.鶏肉は塩をしっかりと振り、ブラックペッパー、オレガノ、ローズマリーを振る。

2.玉ねぎは5mm幅にスライスし、りんごは薄い半月切りにする。

3.120度に予熱をしたオーブンにオリーブオイルをかけた鶏肉、玉ねぎとりんごを入れる。

4.そのままオーブンでじっくりと50分焼く。オーブンの温度を250度にして10分焼き、焼き色をつける。

Point
最初にオーブンで焼くことで、チキンの旨味を閉じ込めます。

5.じゃがいもは1㎝幅に切り、水気を切ってから温めたオリーブオイルで揚げ焼きにする。

5.焼き上げたら、鍋に移して鶏ガラスープを入れて煮込む。

6.弱火で20分程煮込んだら完成。
食材にきのこを加えたり、食べ終わった後にお米を加えてリゾットにしたりと、アレンジを効かせるのもおすすめです。

鶏肉のタンパク質は、お肌が乾燥しがちなこの季節におすすめの食材。

季節の変わり目は肌荒れが気になるところですが、日々のごはんからもお肌のケアを意識することができます。

また、骨つきのまま調理をすることで、中までふわふわの仕上がりに。

秋冬の煮込み料理、煮込む時間も楽しみながら、ぜひ作ってみて下さいね。