NEXT WEEKEND DATE

NEXTWEEKENDを運営している株式会社ガルテンの福利厚生の中には、月ごとに変わる「オリジナル福利厚生」という枠があります。

毎月マンスリーテーマを設けて企画をつくっているNEXTWEEKENDですが、提案させていただくからには自分たちだってしっかりそのテーマを楽しみながら一ヶ月を過ごすべき…!

そんなわけで社長が福利厚生もマンスリーテーマに基づいて決めています。

この連載では、そんな私たちの福利厚生をちょっぴりご紹介しています。

#週末探検家 がテーマの8月のテーマはこちらでした。

いいインプットを探して、いい探検をしましょう。

そんなわけで今月は2泊3日以上の探検をしたメンバーには支援金がそれぞれ10,000円支給されることに…!

みんながどんな旅をしたかちょっぴりご紹介します。

 


2泊3日のドライブで、念願を叶えつくす旅

まず一人目は、2泊3日のドライブで、念願を叶えつくす旅へ。

「旭川空港でレンタカーを借り、美瑛・富良野→札幌→小樽 をまわる初めてのルートで北海道を探検してきました。
ずっと憧れだった青い池や、 ”丘のまち”美瑛に広がるメルヘンなお花畑、富良野で後咲のラベンダーを堪能したあとは、大好きな公園で子ども以上に遊び、疲れたら極上のコーヒーでほっと一息…。
予てよりの念願をぎゅっと叶えつくすコースを。
車と自分の思いつきひとつで行き先をカスタマイズできる、この自由さにはまってしまいそうです。」

おすすめの場所

青い池
パワースポットとして有名な青い池。
まるで絵のような、青い水と立ち枯れたカラマツが織りなす幻想的な風景が魅力です。

四季彩の丘

広大な花畑が楽しめます。
カートを借りて爆走するのがおすすめ!

モエレ沼公園
公園全体が一つの彫刻作品として設計されたアートな公園。
広すぎてレンタサイクル必須。

森彦
探検の途中の休憩には、美味しい珈琲と焼き菓子を。
森彦はいくつか店舗がありますが、古民家スタイルの本店はとても風情があり一度は訪れたい場所。
テイクアウト商品はお土産にも最適。

クラシックな風景を浴衣で楽しむ旅

二人目は、クラシックな風景を浴衣で楽しむ旅へ。

「日光(栃木)→伊香保(群馬)へと移動しながら、温泉と美味しいものを満喫した2泊3日。
ずっと雨だったのですが、日光も伊香保も夏の雨がよく似合ってそれもまたよかったです。
歴史深いクラシックな風景が多かったので、浴衣で街を散策。
その場所をより楽しむために、装いも合わせて探検するのもいいものだなと思いました。」

おすすめの場所

日光金谷ホテル(栃木県)
しっとりとした時間が楽しめるクラシックホテル。
日本建築に西洋のインテリアがとけ込んで風情があります。

日光珈琲  御用邸通(栃木県)
かつて御用邸に向かう天皇を乗せた馬車が通った道にある珈琲屋さん。
大正時代の古民家を改装してできた店内と自家焙煎の珈琲や名物のかき氷が魅力。

伊香保 石段街(群馬県)
浴衣で歩きたい、湯の街のシンボル!
365段の石段にお土産屋や饅頭屋のほか、射的など遊戯場が並びます。

 

絶景が楽しめる山への冒険

三人目は、絶景が楽しめる山の冒険へ…!

「北アルプスの燕岳(つばくろだけ)→大天井岳(おてんしょうだけ)→常念岳(じょうねんだけ)という3つの山の稜線を歩く縦走コースへ。
仕事終わりに特急に乗り込んで、前日泊を入れると3泊4日の冒険でした。
比較的歩きやすく、縦走でずっと綺麗な景色が見られるコースなので、登山が好きな方にはおすすめのコースです。
朝には写真のように雲海が見えたり、日本の中でも有数の槍ヶ岳とって山まで見えるくらい景色が綺麗でした。」

おすすめの山小屋
燕山荘
燕山荘は山小屋の中ではかなり綺麗で、朝夜2回美味しい食事が食べられます。
朝には山小屋の下が雲海になり絶景!

途中下車で冒険する旅

四人目は、海辺の町へ向かう途中下車の旅へ。

「トップシーズンは大混雑する鎌倉駅の一駅手前の『北鎌倉』で降り、静かで風情ある街並みを散策。
駅から続く道をゆっくり歩きながら、地元に愛される古民家カフェや雰囲気のあるお寺など、気の向くままに寄り道しながら今年最後の夏を感じる旅をしました。
あえて近場をゆっくりと旅行しながら探検を深めてみるのもいいなあと思いました。」

おすすめのお店
去来庵

(神奈川県鎌倉市山ノ内157)
昭和初期に建てられた純日本家屋の古民家レストラン。
素朴な小屋から季節ごとに変わる風景を楽しみながら、お店の看板メニューであるデミグラスソースたっぷりのシチューを楽しむのがおすすめです。

 


NEXTWEEKENDは、季節の楽しみと小さな工夫で理想の生活を叶える女性を増やす、をコンセプトにしていますが、それを中の人たちが実践できていなかったらダメでしょう。
ということで、めいっぱい季節を楽しんでもらうためにも、今回は連泊を条件にそれぞれの旅を支援することにしました。
良い探検ができたようでよかったです。