NEXT WEEKEND DATE

毎年気になっていた、スイカのアイディアレシピのあれこれ…。

今年こそは!ということで、スイカしばりのサマーパーティーを決行しました。

この記事ではパーティが盛り上がるレシピやアイディアをご紹介します。

 

まるごとスイカのフルーツポンチの作り方

1.スイカに一か所、包丁で切込みを入れます。

切り口をジグザグにする場合は、包丁をなみなみと動かさずに、黒ひげ危機一髪の要領で、刃を刺したり抜いたりしながらすると上手くできます。
※スイカの皮は硬そうに見えますが、案外力は必要ありませんので注意しながら進めてください。

2.中身をフルーツボーラーというスプーン(ネット、もしくは百貨店やバラエティ雑貨などを扱うお店の調理器具のコーナーに売っています)で、くり抜いていきます。
なければ、計量スプーンで挑戦してみてください。

3.白玉や他のフルーツと合わせてソーダで割れば、主役級の存在感です。

途中、穴だらけになってくると綺麗な丸にくり抜けなくなるので、表面をスプーンでかき出したものを溜めておいて、あとで潰してザルにこして、ジュースにすると◎

 

スイカピザの作り方

続いて、スイカピザにも挑戦!

ピザのように6カットにし、生クリームとフルーツやナッツ、ハーブ類でトッピングしました。

これが、想像を超えるおいしさ。

見た目のインパクトもあり、食べやすく、手軽にケーキ感を味わえるので夏のパーティーにはレギュラー登場しそうです。

 

スイカパーティの楽しみ方

テーマカラーを決める

テーブルのテーマカラーは「ピンク×グリーン」とだけ決めて、それぞれ得意分野の持ち寄りを。

ドレスコードは夏らしく、白×デニム。

小物を手作りする

スイカのガーランドは、パソコンでプリントアウトした紙を切って繋げたものなんです。

飲みものに添えられたネームプレートは、お友達の一人が最近始めたというモダンカリグラフィーで書いたもの。

参加者のネームプレートや、スイカのイラストを添えるだけで、一気にパーティらしさが増しますね。

 

テーマや色を決めるだけで、ぐっと全体が引き締まった印象に。

小物類は、手作りで工夫するのも楽しい時間です。

「いつか」「来年こそ」…なんとなくそう思っていたものも、行動に移してみれば、案外週末に叶うかもしれません。

旬の美味しいスイカレシピ、ぜひ試してみてくださいね。