NEXT WEEKEND DATE

夏が近づいてくると思わずどこかに旅に出たくなる日ってありますよね。

でも旅行にもすぐには行けない…。

そんな時はテーブルだけでも海外旅行気分を味わってみるのもオススメです。

今回は昔からおなじみの「コッペパン」に世界を挟んでみます。


なんてことないコッペパンでも、挟む具材によって気分が上がる一品になってくれるもの。

5カ国のコッペパンの簡単レシピをご紹介します。

 

日本:あんバターサンド

材料(1 人分)

コッペパン…1個
つぶあん…50g
バター…10g

作り方

コッペパンにつぶあんを挟み、スティック状に切ったバターを挟む。

ポイント

バターは塗らず、溶かさず、スティック状に切ると見た目もおしゃれで口で溶けたときによりおいしく感じます。
スタイリングは、和を意識して和紙や漆塗りの食器を使うとより日本らしいイメージになりますよ。

 

ベトナム:バインミーサンド

材料(1人分)

コッペパン…1個
サラダチキン…60g
大根…5cm
にんじん…5cm
A,
塩…ひとつまみ
酢…大さじ2
レモン汁…大さじ1
砂糖…小さじ1
スイートチリソース…大さじ1
パクチー…適量

作り方

1.大根、にんじんを千切りにしてAでマリネする。
2.サラダチキンを手で小さくほぐし、スイートチリソースで和える。
3.コッペパンに【1】【2】を挟み、パクチーをトッピングする。

ポイント

大根、にんじんをマリネするときは一晩ほど置くと味がしみ込みおいしく仕上がります。
よく水分を切ってから挟みましょう。
パクチー好きさんの為に追いパクチーを添えておくとGOOD!
スタイリングはアルミ皿、赤い小物を合わせるとアジアンな雰囲気に。

 

アメリカ:ホットドック

材料(1人分)

コッペパン…1個
ロングウインナー…1本
ピクルス…2本
新玉ねぎ…1/4個
イエローマスタード…適量
ケチャップ…適量

作り方

1.ロングウインナーをこんがりとフライパンで焼く。
2.ピクルス、新玉ねぎをみじん切りにする。
3.コッペパンに、【1】【2】、を挟み、イエローマスタード、ケチャップをかける。

ポイント

アメリカといえば王道のホットドック。
みじん切りのピクルス、玉ねぎをプラスすることでより本場に近づきます。
飲み物のコーラは必須で!
銀皿に英字のペーパーを敷いて、アメリカンダイナーを想像してみてくださいね。

 

インド:タンドリーチキンサンド

材料(1人分)

コッペパン…1個
サラダチキン…60g
フリルレタス…適量
マヨネーズ…適量
パプリカパウダー…少々
A,
ヨーグルト…大さじ1
カレー粉…小さじ1
ケチャップ…小さじ1

作り方

1.サラダチキンをそぎ切りにして、Aを和える。フライパンでこんがり焼く。
2.コッペパンにフリルレタスを挟み、マヨネーズをかける。
3.【1】を挟み、パプリカパウダーをかける。

ポイント

サラダチキンは火が通っているので、焼き色がつく程度焼けばOKです。
土っぽい手作り感のある食器に乗せるとインドらしくなります。
ラッシーを添えるのもポイントです。

 

イタリア:ティラミスサンド

材料(1 人分)

コッペパン…1個
クリームチーズ…40g
ホイップクリーム…適量
ココアパウダー…適量
A,
インスタントコーヒー…小さじ1/2
砂糖…大さじ1
ラム酒…少々

作り方

1.柔らかくしたクリームチーズにAを混ぜ合わせる。
2.コッペパンに【1】を挟み、ホイップクリームを絞り、ココアパウダーをかける。

ポイント

ティラミスをクリームチーズで手軽に作りました。
ひとくち食べればまるでティラミスですよ!
白いリム付きのお皿を使うとクラッシックな雰囲気になります。
ホイップの絞り方も工夫すると特別感がでてオススメです。

 

以上、5種類のレシピをご紹介しました。

どれも簡単ですぐ作れるものばかりです。

食べるときも、いつもと同じお皿ではなく、食べるものに合わせてスタイリングしてあげると非日常を楽しめるポイントです。

挟む具材をその日の気分でカスタマイズして、なんでもない日も気分を上げて楽しくすごしましょう!