次の週末なにしたい?

MAKE

    • 粉雪が舞うスノードームを手作りしてみるおうち時間
    • 粉雪が舞うスノードームを手作りしてみるおうち時間

      2016.12.24

    寒くなると、家で過ごす時間も自然と増えますよね。

    そんな冬のおうち時間を楽しむために、眺めるだけで楽しくなるスノードームを作ってみませんか?

    ケーキの上に乗っていた雪だるまや、引き出しの奥に眠っているボタン、いつかのビーズなんかもドームに詰めればオリジナルの冬景色が簡単に作れます。

     

    スノードームの材料

    1

    ・空き瓶、プラスチックケースなど(蓋がしっかり閉まるもの)
    ・グルーガン(もしくは瞬間接着剤など)
    ・洗濯のり(水のりでも可能ですが、洗濯のりのほうが透明感があります。)
    ・精製水
    ・中に入れたいもの(オーナメント、ボタン、ビーズ、ラメなど)

     

    スノードームの作り方

    1.蓋の裏側に、オーナメントをグルーガンで固定します
    2
    4
    5

    今回は木の家で区切って、表側と裏側に分けて配置してみました。

    しっかりと乾いたら、一度この段階で蓋がきっちり閉まるかを確認してから次の工程に進むのがポイントです。

     

    2.ホログラムやラメ、ビーズ、ボタンなどを入れます。
    (細かいものは入れすぎると濁って見えてしまうのでほどほどに)
    7

     

    3.精製水を6割注ぎます。8
    4 .泡立たないようにゆっくりと洗濯のりを注ぎます。
    今回は洗濯のりを4割にしましたが、のりのほうの割合を増やすと、よりゆったりとした幻想的な動きになるのでお好みで調整してみてください。
    9

     

    5.蓋を閉めます。
    この時、ドーム内に余裕があると、ひっくり返した時に上部に隙間ができてしまうので、洗面所などのこぼれてもいい場所で目いっぱい注いだ状態で閉めるとうまくできます。
    10
    11

     

    6.口の小さな電球型の瓶には、カラフルなボタンとラメを入れました。
    12

    13

    いかがでしたか?

    ふとしたときに、ひっくり返して粉雪の舞う様子を眺めれば心も温まりそうですね。

    14

    反対側はこんな感じに仕上がりました。

    15

    可愛いくて捨てられないけど、使い道に困っていたあれこれもスノードームの中に入れてあげると、いきいきと嬉しそうです。

    年末年始のゆったりとした時間に、是非挑戦してみてください。

     

    投稿者:永田尚子

ページの先頭へ
Add to favorites