次の週末なにしたい?

MAKE

    • こんな時期だからこそ、相手も自分も楽しめる贈り物ライフの過ごし方
    • こんな時期だからこそ、相手も自分も楽しめる贈り物ライフの過ごし方

      2016.12.10

    12月だからというわけではなく、贈り物は贈る方ももらう方もなんだか嬉しいもの。

    ちょっとしたものでも、センスが光る贈り方ができたらいいなぁと悩む方も多いかもしれません。

    今回は、日頃の気持ちを伝えるちょっとしたプチギフトから、特別な日のギフトまで、贈るほうも楽しくなるヒントをご紹介します。

     

    1.季節のおすそわけ
    1オーナメント

    1すずめ
    余裕がなく忙しくしている時ほど、ちょっと飾るだけで季節感を楽しめるものを受け取ると、ほっと和みます。

    クリスマスツリーのオーナメントやインテリアになるモービルなど、普通郵便で気軽に送れる、組み立て式のものもありますよ。

     

     

    2.世界に一つだけのハンドメイド
    2手作りピアス

    2手作りマフィン

    2オリジナルスタンプ
    手作りのものは、その作ってくれた時間を含めてのギフトですね!

    どこにも売っていないオリジナルのものは、ここぞというときに贈りたいもの。

    作るのが苦手な方も、ワークショップに参加すれば1日で作って持ち帰れるものもたくさんあります。

     

     

    3.テーマを決めてセットを作ってみる
    3秋の夜長セット

    「秋の夜長を楽しむセットを贈るね。」というカードとともに届いたのは、ハーブティーと温かな靴下のセット。

    誕生日でも何でもない日に届くギフトは、サプライズ感がありますね!

    あまりに嬉しくて、朝なのに届いてすぐに「夜長セット」を楽しんでしまいました。

     

     

    4.オリジナルのカードを常備する
    4手作りカード

    紙刺繍や、消しゴムはんこ、色鉛筆で描いたもの、マスキングテープでアレンジした物など、オリジナルのポストカードを作っておくのも、送りたい時にすぐに送ることができるポイント。

    買っておいたカードでも、切手を貼って送り主の部分をあらかじめ書いておき、手帳に挟んでおくだけでカフェなどで思い立った時にメッセージが書けて便利です。

     

     

    5.欲しがっていたものを覚えておく
    5.ミルフィユ

    いつかの会話や、最近のInstagramの投稿などから相手が必要としているもの、好きそうなものをメモしておくのもおすすめです。

    横浜に行ったら帰りに絶対に買って帰ろうと思っていたお菓子を、横浜に到着してすぐに友達が買って持ってきてくれたときは感動でした!

     

     

    6.カスタマイズしたくなるものを
    1ピック

    1花冠

    6ピタヤボウル

    6アップルパイ
    カスタマイズ好きな友人には、アイディアひとつで楽しめそうなものを。

    誕生日がより盛り上がりそうなピックやベビー用の花冠、フルーツを乗せて作るピタヤボウルミックスなど…

    そして、たくさん届いたりんごは週末にアップルパイになりました。

     

     

    7.インパクトで心をつかむ
    7くまマドレーヌ

    7りんごのケーキ

    「可愛くて食べられないっ」と言いながらも食べてみたい大きなクマのマドレーヌや、まるでオブジェなりんご型のケーキ。

    自分ではなかなか買わないものほど、箱を開けた瞬間に自然と笑顔になってしまいます。

     

     

    8.思いやりを贈る
    8お見舞い

    8デトックスウォーター
    風邪を引いた友人には、お花とりんごジュースをドアノブにそっとかけてみましょう。

    「ジュースの空き瓶にお花を飾ってね」のメッセージも忘れずに。

    外食続きで疲れていそうな友人には、デトックスウォーターのセットを。

    心身ともに弱っている時にもらう、思いやりの気持ちがこもったギフトは心に染み込みます。

     

     

    9.自分の好きなものを選ぶ
    9つるやパン

    地元で作っているもの、自分の大好きなものなど、贈り主のお気に入りのものをシェアしてもらうのは新鮮です。

    自然と会話も弾むので、「はじめまして」のシーンでも大活躍!

     

     

    10.イベントまるごとデリバリーする
    10ベビーシャワー

    臨月の友達には、サプライズでベビーシャワーをデリバリーしてみませんか。

    ケーキ担当、ガーランド担当、フード担当、おむつケーキ担当、それぞれ担当を振り分けて、おうちにお邪魔したら一気にパーティームードを作り上げます。

    ただ遊びに来るだけと思っていた友達は大喜びでした。

     

     

    11.空間をプレゼントする
    11空間のプレゼント

    子どもに子ども部屋を、旦那様に書斎を、お母さんにくつろげるソファを、自分だけの空間を贈るのも家族など身近な人だからこそできる特別なプレゼントです。

     

     

    12.時間差で完成するパズルギフト
    12巨大カード

    郵便物として届いたり、いつのまにかドアに貼ってあったり、数日かけてあちこちから揃ったカードは並べてみるとパズルのようになった巨大なメッセージカードでした。

    裏にはそれぞれからの温かいメッセージ付き。

    仲のいい友達のバースデーやウエディングに、是非仕掛けてみてはいかがでしょうか。

     

     

    13.特別な場所から送ってみる
    TDL.jpg
    13カードの飾り方

    特別な場所から送ると、特別な絵柄の消印が押されることも。

    もしくは旅行先からの消印も、その土地の絵葉書も、限られた時間の中でわざわざ書いてくれたメッセージが郵便受けに届くとわくわくします。

    また、あちこちから届いたカードは、マスキングテープで壁に貼るだけで素敵なインテリアに。

     

     

    14.ラッピングにこだわってみる
    14お菓子ブーケ

    なんてことないスナック菓子も、束ねてブーケ風にすることで立派なギフトに早変わり。

    お子様向けのギフトに悩んだ時や、花より団子なあの子には、ぴったりの贈り物です。

     

    いかがでしたか?

    「喜んでくれるかな?」と、大切な人の顔を思い浮かべながらギフトを考える時間は、自分へのギフトでもありますね。

    お気に入りのティーバッグや入浴剤など、手紙と一緒に贈りやすいものをストックしてレターセットと一緒に引き出しにしまっておくのも、おすすめです。

    ぜひ、素敵な贈り物ライフを楽しんでみてください。

     

    投稿者:永田尚子

ページの先頭へ
Add to favorites