次の週末なにしたい?

MAKE

    • 好きな柄の布を見つけたら実践したい、オリジナルポーチの作り方
    • 好きな柄の布を見つけたら実践したい、オリジナルポーチの作り方

      2016.09.27

    必ず鞄の中の入っているポーチ。

    1日に何度も目にするものだから、お気に入りのものを持っているだけで、メイク直しもなんだか楽しみになるかも…。

    そんな小さな楽しみを感じる為に、この一人の時間をじっくり楽しむ#ロマンチック月間にオリジナルのポーチを作ってみませんか?

    少し工程が多く難しそうですが、以外と簡単にできちゃいます!

     

     

    用意するもの
    ・布 2種類(今回、表地は秋っぽくコールテンに裏地は汚れが目立たないように黒の布を使用しました。)
    ・ビジュー 好きな数
    ・タッセル(なくても大丈夫です。)
    ・裁縫道具
    ・アイロン
    4

     

    作り方
    1.裁断
    5
    表布裏布ともに、縦ファスナーの布地の長さ、横30㎝に切る。

     

    2.ファスナーと表地を合わせ、縫う
    6
    画像のように、表地の表側にファスナーを裏返して乗せ、端から2ミリ下程度を縫う。

     

    3.上に裏地を重ねる
    7
    【2】で縫った上に、裏地を重ねる。

     

    4.重ね合わせ布をひっくり返し、その下を縫う
    8
    裏地を重ね、その布をひっくり返し、表地が一番上になるように置く。

    布の順番は下から、裏地→ファスナー→表地の順になります。

    【2】で縫った下2ミリぐらいを縫う。(白の点線の辺りです。)

     

    5.ビジューを取り付ける
    9
    表地をめくると画像のように、裏地、ファスナーと縫い合わさっているので、表地の好きな所にビジューをつける。
    (あらかじめ接着剤で軽く押さえておき、乾いたら手縫い糸で穴に通し、縫い付けると簡単です。)

     

    6.もう片方のファスナーの布を表地と縫い合わせる
    10
    画像のように、縫われていないファスナーの端を表地の端と合わせ、点線を縫う。

     

    7.裏地を重ねる
    【3】の様に、裏地の縫われていない端を重ね合わせる。

     

    8.ひっくり返して縫い合わせる
    11

     

    4.と同じ様に、ひっくり返して、【6】で縫った線の2ミリ下を縫う。
    (白の点線の辺りを縫って下さい。)

     

    9.周囲を縫う
    0
    広げると画像の様になるので、ひっくり返すための穴を開けて、白の点線の様に周囲を縫う。

     

    10.ひっくり返し、裏地の穴の部分を押さえる
    1
    先ほど開けておいた、穴から、布を全てひっくり返し、その穴を上からミシンで押さえる様にして縫う。

    お好みで、ファスナーにタッセルをつければ、完成です。3

    今回のポーチは、これからの季節にぴったりなコールテンの布を使用し、ビジューを付け、少し大人っぽく仕上げました。

    布の端処理をしなくても、全て隠れてしまう作り方なので、ロックミシンをかける必要もありません。

    是非、秋のロマンチック月間に作ってみてくださいね。

     

    みなさま、素敵な週末を。
    2

     

    (監修・山下沙樹/編集・NEXTWEEKEND)

ページの先頭へ
Add to favorites