次の週末なにしたい?

EAT

    • 贅沢な春野菜のグリル|Three Good Things
    • 贅沢な春野菜のグリル|Three Good Things

      2016.03.30

    ※この記事は2016年3月30日に執筆されたものです(更新日 2016年02月26日)

     

    3つの食材のたのしい組み合わせを提案する「Three Good Things」。

    今日は春に作りたい野菜のメイン料理をご紹介します。

    選ぶ3つの食材は、芽キャベツ、卵、アンチョビ。

    今がおいしい芽キャベツは、キャベツをそのままミニサイズにしたようなころんとした可愛い形とみずみずしく柔らかな食感が人気です。

    キャベツの赤ちゃんではなく、キャベツとしての立派な一種で、栄養も豊富。

    なんとビタミンCはキャベツの4倍、ミカンの5倍、レモンと比べても1.6倍あるそう。

    今回はそんな芽キャベツを甘みがよりひきたつよう揚げ焼きに♩

    キャベツの甘みと相性抜群のアンチョビで味付けし、クリスピーな食感には対照的なとろっと半熟卵をトッピングしました。

    野菜でも立派なメインディッシュになりますよ!

    それではレシピを見てみましょう!

     

    春野菜のグリルの材料


    ・芽キャベツ 15〜20個程度(・プチヴェール:お好みで)
    ・卵 1個
    ・アンチョビ 3尾
    ・パン粉 2スプーン程度
    ・にんにく 一片
    ・揚げ油ingredients

     

    春野菜のグリルの作り方

    1. 芽キャベツを半分にカットします。

    2. 油をはった鍋で3分ほど【1】を揚げます。(芽キャベツの一種であるプチヴェールもおすすめです。 見かけたらぜひ一緒に使ってみてくださいね。 )油がはねやすいので蓋もお忘れなく。

    3. にんにくとアンチョビをみじんぎりにします。

    4. 【3】をフライパンで炒めて香りを出したら、揚げ終わった芽キャベツを追加します。 クリスピーな食感になるパン粉も加えてさっと火を通します。

    5. 沸騰したお湯の中で5分30秒茹でて氷水に数分間つけておいた半熟卵をトッピングに。

    6. 割れば黄身がとろっと出てくるはずです。卵を割ってソース代わりにしながらいただきましょう。

     

    今日でThree Good Thingsの更新は最後です。

    9ヶ月の間たくさんの方にご覧いただき、レシピを試していただき、心から感謝しております。

    中には「味が想像できない」レシピもあったかと思いますが…。

    未知の美味しい組み合わせを発信していきたいと思ってはじめたチャンネルだったので、ぜひ騙されたと思ってまずは試していただきたいものばかり。

    毎日やってくるみなさんのキッチンでの時間がすこしでも楽しいものになれば、こんなに嬉しいことはありません。

    ぜひ季節ごとに過去のレシピもご覧になってみてくださいね。
    バックナンバーはこちらから

     

     

ページの先頭へ
Add to favorites