次の週末なにしたい?

EAT

    • 旬のフルーツを瓶に詰め込んで贈りたい、摘みたていちごのジャム作り。
    • 旬のフルーツを瓶に詰め込んで贈りたい、摘みたていちごのジャム作り。

      2016.02.11

      WEEKEND TABLE

    まさに「いちご」が旬の季節。
    近所の八百屋さんや週末のマーケット、 いちごを目掛けて今しかできないちご狩りに出かける方もいるはず。

    今日は福岡・久留米にある 小さないちご屋さん「farm MIYAZAKI」より、甘酸っぱくて瑞々しい「いちご」を使った贈りものレシピが届いています♩

    まずは、いちごについてちょっだけ詳しくなりましょう。

    いちごの花は、5枚の白い花びらとその真ん中の黄色い部分(花托・かたく)でできています。
    IMG_7741

    花びらが散り、黄色だった真ん中部分が少しずつ大きくなっていくと、普段私たちが知ってる赤いいちごの実に育ちます。

    IMG_7742
    IMG_7743

    緑色から薄ピンクに、そして赤色に時間をかけて変わっていき、いちごが実るのです。
    IMG_7746

    温室で育ついちごは摘みたてだと、すこしあったかくて口の中でふわっと甘い風味がします。

     

    実は、「いちご」と思って食べてる赤い部分は「いちご」ではないとか。

    赤い表面についているツブツブが「いちごの実」だそう!
    いちごは、本当は温かくなってくる頃に実る果物。

    日本では、多くのいちご農家が、クリスマスやバレンタインなどの季節に合わせて、寒い冬でも温かい温室の中で育てています。

    朝ごはんに1粒添えるだけで食卓を華やかにしてくれますね。

    今日はそんないちごとスーパーフードのチアシードを使った手作りジャムのレシピを紹介します。

    15分でできるので、お気に入りのパンと旬のフルーツを食べたいとき、今日会うあの人への手土産にもぴったりですよ。

    それではジャムのレシピを見てみましょう!

     

    摘みたていちごとチアシードの食べるビタミンジャム
    IMG_7750

    材料
    ・いちご 250g
    ・はちみつ 大さじ2-3杯
    ・チアシード 大さじ1と1/4杯

    作り方
    1. 苺を 2~3当分に切り鍋に入れる。はちみつを入れ、5分ほど煮立たせる。

    2.ミキサーorフードプロセッサーorブレンダーで苺の実をペースト状にする。

    3.冷ました後に、チアシードを入れて少し固まってきたら瓶に詰めて完成。

    IMG_7748

    牛乳や炭酸水に入れると、簡単に、いちごミルクやストロベリーソーダに。
    IMG_7769

    このようにリボンや紐で簡単にラッピングすると、ちょっとしたプレゼントにも。
    IMG_7749

    今年の暖冬いちごなら、今の季節から甘酸っぱいいちごジャムが作れますよ。

    お天気のいいお昼どき、バスケットにバケットといちごジャムを詰めて、公園や家のお庭で旬のフルーツに囲まれてしまいましょう。

     

    (文/宮崎愛可・編集/NEXTWEEKEND)

     

ページの先頭へ
Add to favorites