NEXT WEEKEND DATE

3つの楽しい食材の組み合わせから生まれる、感動の“新しい味”を提案する「Three Good Things」。

今日はワインに合わせたくなる、さわやかなソースで仕上げるメインディッシュをつくります。

選ぶ3つの食材は、サーモン、ヨーグルト、フェンネル。

魚にヨーグルトなんてちょっとびっくりしてしまうかもしれませんが、これがとってもいい組み合わせになるTIPSをご紹介しています。

ヨーグルトは水切りして塩をまぜるだけで、チーズやサワークリームのような風味になるんです。

それをさわやかなハーブやライムと一緒に包み焼きにしたサーモンと合わせれば、いつもはただ焼き魚にしていた定番の「鮭」だって違った顔になってしまいますよ。

包み焼きはひらく瞬間も楽しいので、ホームパーティなどにもおすすめです。

ぜひ試してみてくださいね。

サーモンの包み焼き

材料/1人分

・サーモン 1尾
・フェンネル(葉) ひとつかみ
・フェンネル(茎) 5~7スライス
・ライム 3スライス
・ヨーグルト 2~3スプーン(※ギリシャヨーグルトを使用してもかまいません)
・塩 ひとつまみ
・クッキングシート 1枚
ingredients

 

作り方

1. まずはヨーグルトの水抜きをします。 コーヒーフィルターでコーヒーを淹れるようにヨーグルトを入れて水分を抜く方法が簡単でおすすめです。

2. サーモンには塩を軽くなじませておきます。

3. クッキングシートの上に、サーモン、フェンネルの葉、スライスしたライムやレモンをのせて包みます。 動画では紐を使用していますが、ねじるだけでもかまいません。

4. 弱火で両面に火をいれていきます。蓋も忘れずに。

5. 十分に火が通ったらフェンネルの葉をとりのぞき、代わりにフェンネルの茎をスライスしてちらします。

6. 水切りしたヨーグルトに塩をまぜ、ソースとしてかけたら完成です。top3

 

試したレシピは「#合わせじょうず」で募集中♩
#Instagramのハッシュタグ「#合わせじょうず」では、レシピを試してくださったみなさまの投稿が集まっています。レシピを試した方、 他にも自慢の組み合わせや、アレンジした新しい発見した時には「#合わせじょうず」のハッシュタグをつけて投稿してみてくださいね。