次の週末なにしたい?

EAT

  • 毎月、季節のテーマに合わせて「絵本の中みたいなレシピ」をお送りするWEEKEND TABLE。

    年に一度のクリスマスに。

    今月は“どこか懐かしいカントリーなクリスマス”にぴったりなレシピとテーブルアイディアをお届けします。

     

    第4週目は、写真の中にある「テーブルの真ん中のリースサラダ 」をご紹介します。

    「自分で作れる(!)リコッタチーズ」と先週ご紹介した「暖炉の前で飲みたいバニラカクテル」にも合うおつまみを、ローズマリーやハーブを使ったリースの上にアレンジします。

    「じゃーん!」とテーブルの真ん中に出したくなる、とっておきのサラダレシピをどうぞ。

     

    材料/6~8人分
    【リコッタチーズ】
    ・牛乳 8カップ
    ・生クリーム 1カップ
    ・塩 小さじ1
    ・フレッシュなレモン汁 大さじ3
    ・チーズクロス(なければコーヒーフィルターも使用可)

    【リースサラダ】
    ・作ったリコッタチーズ 適量
    ・ローズマリー たくさん
    ・オリーブ お好みで
    ・トマトマリネ お好みで
    ・サラミ お好みで

    作り方
    1. まずは、リコッタチーズを作ります。大きな鍋に牛乳(8カップ)・生クリーム(1カップ)・塩(小さじ1)を入れ、沸騰するまで混ぜながら加熱します。

    2. 沸騰したミルクを弱火にし、フレッシュなレモン汁(大さじ3)を加えて2分間ほど煮ます。

    その間、1~2回だけ優しく混ぜてましょう。※混ぜ過ぎには注意

    3. 火を消して、チーズクロスをセットしたこし器にすべてを注ぎ、そのまま1~2時間こしておきます。

    これでリコッタチーズの完成です!

    4. 次にサラダを作りましょう。ローズマリーをリース状にし、その上にオリーブ・トマトマリネ・サラミなど、お好きなトッピングをどうぞ。

    5. 最後に手作りリコッタチーズを雪のようにふりかけたら、クリスマスにぴったりのリースサラダのできあがり。

     

    テーブルの向こう側も、忘れずに

    テーブルコーディネートで意外と忘れがちなのが、その背景です。

    ツリーの位置は丁度いいか、物足りない場所はないか・・・

    テーブルの写真を撮るときに、さりげなく入ってくる背景もちゃんとプロデュースして、みんなの素敵な思い出の1枚になる演出にできたら完璧です♪

     

    いかがでしたか?

    今年のクリスマスは家族や友達を招いて、‘どこか懐かしい、カントリーなクリスマス“会にしてみてはいかがでしょう?

    来週は、2016年元旦ということで新年特別編「ごあいさつのレモンケーキ」 をつくり方をご紹介します。

    お楽しみに♪

    NEXTWEEKEND上の記事ではテーブルに合うスタイリングもご紹介しているので、ぜひ見てみてくださいね。

     

     

    WEEKEND TABLEとは
    「次の週末にとりいれたい」を提案するライフスタイルウェブマガジンNEXTWEEKENDが提案するショートムービーです。なんでもない週末だって“小さな集まり”が開きたくなる、月に1つのWEEKEND TABLE を完成させていきます。

    12月メニューのテーマは、どこか懐かしいカントリーなクリスマス。

    第1週目「丸太みたいなローストポーク

    第2週目「世界一おいしいマッシュポテト

    第3週目「暖炉の前で飲みたいバニラカクテル

    第4週目「テーブルの真ん中のリースサラダ」

    〜元旦特別篇〜「ごあいさつのレモンケーキ」

ページの先頭へ
Add to favorites