次の週末なにしたい?

未分類

  • 毎日くるくる気分が変わる女心と同じように、肌も毎日変わる。

    だからこそ毎日の自分の肌とも向き合って、

    しっかりベースの肌をつくっておきたい。

     

    そんな時に大切なのが、「クレンジング」。

    1日の汚れを落としながら今日の自分を振り返り、また明日の自分をつくるための、

    まさにキレイをつくるキレイカスタマイズの瞬間です。

     

    Panasonic Beauty 美容部の第2回部活動にゲスト講師でお呼びした

    高橋ミカさんが「ミルククレンジングがおすすめ」と言っていたように、

    今日はミルククレンジングの正しい基本の方法をご紹介します♩

     

    肌トラブル知らずのオイルクレンジング方法

    1. クレンジングオイルを500円玉サイズで手のひらに取る。

    2. 手のひらの上で、オイルをくるくる指でまわしながら温める。

    3. 面積の広い額、頬からなじませた後に、眉、目、唇などポイントごとになじませる。

    4. 指のオイリー感が軽くなったら、汚れがとれてきたサイン!

    5. 体温よりちょっと低めのぬるま湯で流したら完成!

     

    Tips 1.  あたためながら汚れを落とす

    @3142coが投稿した写真

    クレンジングオイルをはじめ温めてから使うように、

    スチーマーをあてて肌を温めながらクレンジングをすると、

    保湿もしながら汚れを落とせてオススメです。

    オイルが苦手という方も、スチームと一緒になじませた後のふわっとした肌の仕上がりに感動するはず…!

    Tips 2 お気に入りのアロマを1滴垂らす

    カスミさん(@kasumi.612)が投稿した写真

    毎日気分が変わるからこそ、香りの種類も毎日変えてこだわりたい。

    クレンジングオイルに肌に直接つけられるアロマやお気に入りの美容液を、

    贅沢に1滴たらしましょう。

    シャキッとしたい朝には”柑橘の貴婦人”とも呼ばれる「ベルガモット」を、

    ロマンチックな夜更かしをしたい気分にはミントとローズの「ゼラニウム」を、

    心を落ち着かせてぐっすり眠りたいときには「ラベンダー」を。

    香りを選ぶことって、今の自分や肌と向き合った人にしかできない特典なんです。

    Tips 3 お気に入りのキャンドルやライトを照らす

     

    Sayokoさん(@sayoko_betsey)が投稿した写真

    いつもの明るい電気から、オレンジ色のあたたかいキャンドルの灯りに切り替えて、

    自分だけのお気に入りの空間をつくってみるのもオススメ。

    作業になりがちなクレンジングも、特別な時間になるはずです。
    1日がんばった自分へ、

    手軽にできるとっておきのご褒美が「クレンジング」です。

     

    チークの色を褒められて嬉しかった日も、

    汚れと一緒に洗い流したい!とモヤモヤした日も、

    今日起きた出来事を振り返り、今の自分と肌と向き合って、

    作業になりがちなクレンジングを自分だけの特別な時間にしてみてくださいね。

ページの先頭へ
Add to favorites