NEXT WEEKEND DATE

コラム「週末、夫婦でおうち食堂」では、週末に夫婦でのんびりキッチンに立って、季節を感じる食材を使い、簡単に作れる一品料理をご紹介しています。

今月は番外編!
アウトドアはもちろん、ご自宅でも楽しめるキャンプ飯のレシピをお届けします。

今日は「カンタン本格スパイスカレー」。

我が家では瓶が可愛くて美味しいので、mascotのスパイスを使っています。

いつも家では、ホールスパイスを使用したり、玉ねぎを煮詰めて、じっくり時間をかけたスパイスカレーを作っているのですが、キャンプでは手間も時間もかかるので、こだわったレシピでスパイスカレーを作るのは難しいです。

そんな時に出会ったのが、mascotのカレーペーストでした。

これは、玉ねぎやフルーツを煮詰めたチャツネと、mascotのスパイスが一体となっているカレーペーストで、水で溶くだけで本格的なスパイスカレーを作ることができます。

キャンプだけではなく、いつものお食事にも大活躍なのです。

 

カンタン本格スパイスカレー

作りやすい分量(約2人前)

カレーペースト:1個
※瓶入りmascot 中辛がオススメ
鶏モモ肉   :2枚
ナス     :2本
オクラ    :2本
ミニトマト  :4個
無洗米    :2合
水      :360ml

 

作り方

▲「Yahoo! JAPAN クリエイターズプログラム」
動画チャンネルと連動してお届けします。

 

1.キャンプの時は、無洗米が便利です。
鍋に米と水を入れ、沸騰するまで中火、その後弱火で15分。
火を消して10分ほど蒸らして完成です。

2.ナスは厚めの輪切りにします。
歯ざわりを良くするため、縦に3〜4箇所、皮を剥くと噛み切りやすいです。

3.オクラに指で塩をこすりつけて毛をとると、生のまま食べられます。
縦半分に切っておきましょう。

4.鶏肉を一口大よりも大きめに切ります。
火を通すと一回り小さくなります。

5.フライパンに油をひいて、鶏肉を炒めます。

6.ここで、mascotのカレーペーストを使用します。

このカレーペーストを、あらかた火がとおった鶏肉に加えます。

7.カレーペーストが入っていた瓶2杯分の水(300ml)を鍋に入れます。とても便利。

8.このまま15分ほど、煮込みます。
他の野菜を入れたい場合はこの時に加え、一緒に煮込みます。

9.鉄板に油をひいて、ナスを焼きます。

10.お皿に米、カレー、野菜をもりつけ、手作りらっきょうを添えて完成です。
(手作りらっきょうは、記事「らっきょうのカンタン甘酢漬け」でレシピをご紹介しています。)

 


紙皿や紙コップではなく、お気に入りの木のお皿などを持って行くと、キャンプでも素敵な食事のひと時になります。

綺麗な景色をみながら、いつもとちょっと違った食卓。
ワクワクしますよね。

 

ワンポイント

ナスのように形や味を残したい野菜は、カレーと一緒に煮込まずに別で焼いて、後からカレーに盛り付けると◎。
見た目もよいし、食感もよく、おすすめです。

 

おまけ:キャンプ場

今回は、富士山が見える本栖湖のほとりの「浩庵キャンプ場」に行きました。

キャンプ場での撮影風景はこちらのブログにてご紹介しています。