NEXT WEEKEND DATE

こんにちは。
花とんぼ、アートディレクターのAimeeです。

花とんぼのフラワーアーティスト 座間アキーバが紹介するお花の世界を、私の目線で解説しているコラム「花がある暮らしの続け方」。

今月も最後まで読んでいただけたら頰がゆるみます。

 

夏本番も目前の7月、お仕事や夏の準備でお忙しい方が多いのではないでしょうか?

紛れもなく私もそのひとり。

目が覚めた瞬間から、眠るまで仕事と家族の夏休み準備で慌ただしく過ごしています。

そんな忙しい毎日に、花や緑の力で気持ち良い深呼吸ができるように、今月のコラムでは、「自分に捧げる花」をテーマにお送りします。

自分へのご褒美と癒しに。

頑張らずにつくれる花を楽しんで頂きたいと思います。

 

3つの香りと色で楽しむ
フレッシュハーブの夏ブーケ

今日ご紹介するのは、フレッシュハーブでつくる夏のブーケ。

私もこの動画を参考に、部屋にハーブの花束を飾り始めました。

ハーブといえばお料理に使うイメージですが、花束にすることで香りに癒されます。

生花のブーケとはまた違うフレッシュな空気で、気持ち良く1日を過ごせるはず。

今回使ったハーブは3種類!

・アップルミントは癒しを
・マウンテンミントはリフレッシュを
・ゼラニウムは活力を

与えてくれます。

 

ハーブに添えた向日葵やエリンジュームの色にも注目してみてください。

動画では、花を束ねる時の重要なテクニック、「スパイラル」のやり方をレクチャーしています。

このスパイラルの束ね方をレクチャーすると、テーブルに美しく立つ花束が完成します。

このテクニックは生花のブーケにも使えるので、ぜひ動画で参考にしてください。

作りながら何度も修正可能なので、好きな音楽でも聴きながらリラックスして束ねてくださいね。

 

ハーブブーケであまったハーブたちがあれば、インテリアに取り入れてみるのもオススメ。

ハーブの壁掛けウォールの楽しみ方も、動画でご紹介中です。


材料はほとんど百円ショップで揃います。
木材は公園や海辺で調達しても楽しいですね。

簡単なDIYで作れるので、部屋に飾って、
今週はこれを生けよう、来週は生花を生けよう、というように、暮らしのルーティーンに加えて楽しんでいただけたら嬉しいです。

 

今月のお花 〜紫陽花〜Hydrangea

別名「七変化」とも呼ばれる紫陽花。

花言葉は「心地よい静けさ」。

長引く梅雨で疲れがちですが、紫陽花は雨に打たれるほど彩りよく生き生きします。

そんなことを想いながら雨に打たれる紫陽花を見つけたら、梅雨のお出掛けも悪くないなと思えます。

 

花とんぼからの一言

 

こちらは横浜の西洋館、「ブラフ18番館」にて披露したフラワーアート。

花とんぼでは、フラワーアートに力を入れて、発表の場を増やしていっています。

今年も残り半分ですが、まだまだ作品展示を予定していますので、ぜひインスタグラムやWebで情報をチェックしていただけたら嬉しいです。

 

 

自分ではない誰かに贈ることが多いお花ですが、今月はご自分のために贈ってみてください。

疲れないように、すこしの手作業でできるものだけをご紹介しています。

身体も心もほぐれる力を花達は持っているんですよね。

体調に気をつけて暑い日を乗り越えてください。