NEXT WEEKEND DATE

こんにちは。

NEXTWEEKEND代表の村上萌です。

NEXTWEEKENDでは毎月、その月に合わせたテーマとそれに沿ったハッシュタグを提案しています。

1ヶ月かけて、読者の皆さんと一緒に同じハッシュタグを使って、季節の小さな野心を叶えていき、そのタグに集まった投稿をもとに、またここで記事にしていくという素敵な野心の循環。

私自身、毎月とても楽しみにしています。

そんな今月のテーマは「小さな野心の育てかた」ハッシュタグは #週末小ネタ帖 です。

「いいなぁ」と思った時は、案外チャンスだったりする。
どうやって行くのかな、どの時期が良いのかな、
そんなことを調べ始めると、
溢れるように出てくる、小さな野心の種。
そして、ちゃんとその種を大切にしておくと、
いざという時に、
パッと撒いて咲かせることだってできる。
夏らしくなって、やりたいことも増える7月は
自分の中の #週末小ネタ帖 を増やしてみてはいかがでしょう。
たっぷり耕して、小さな野心の種が育つ7月になりますように。

こんな気持ちで今月のテーマを考えました。

同時にこのテーマを楽しむために、NEXTWEEKENDで考えた小さな野心はこちら。


1つ目の「あの店のあれが食べたい」については、私なりのリストの作り方とその叶え方をご紹介しました。

今回は「夏の贈り物をしたい」について、コラムにしてみたいと思います。

1.贈りたい時に送れるように、リストを常備
2.自分なりの楽しみ方も添える
3.夏ならではの贈り物小ネタ帖

 

1.贈りたい時に送れるように、リストを常備

夏の贈り物…、って響きが良いなぁ。

最近は虚礼廃止の実施もあり、お中元を贈ることも少なくなっているかもしれませんが、旅行に行くことが増えるこの季節は、旅先から一言添えて夏の贈り物ができると素敵。

お中元だからと言って何かが届くよりも、「北海道に行って◯◯がすごく美味しかったから送ったよ!」なんて言われた方が、思い出してくれたんだな、と思ってよっぽど嬉しかったりします。(私の場合は)


(ちょっと前に北海道の知り合いが旅先から送ってくれた、仁木町のさくらんぼと利尻島のウニ)

なんでもLINEで済む時代で、実は友達の電話番号を知らない…!

なんてこともありますが、そんな時のためにも仲の良い人やお世話になっているの住所をプレゼントリストとしてまとめて控えておくと、何か贈りたい時に便利です。

 

2.自分なりの楽しみ方も添える

私の場合は、自分が食べて美味しかったものや好きなものばかり送るので、「◯日頃に◯◯を送るね」という連絡に加えて、「こうやって食べると美味しかった!」と、自分なりの楽しみ方を伝えるようにしています。

とうもろこしを送る時は、焼いたり茹でたりするだけじゃなくて、「とうもろこしご飯もおすすめだよ!」とか。

メロンを送る時は、「最後の方はメロンソーダにしても美味しいかも」とか。

スイカを送る時は「量が多かったらフルーツポンチにしてね!」とか。

「やってみたら、すごく美味しかった!」なんて連絡をもらうと、こちらまで一緒に楽しめた気持ちになります。

ちなみに手前味噌ですが、NEXTWEEKENDで販売しているピンクの甘酒のギフトセットもおすすめです。

実は夏の季語でもある「甘酒」は、サマーギフトにぴったり。

クーラーのない江戸時代では、夏バテ防止になる栄養満点の甘酒を売り歩く甘酒屋が風物詩だったとも言われています。

かき氷にかけるシロップとしても◎

 

3.夏ならではの贈り物小ネタ帖

最後は本当にアイディアの羅列になりますが、私がよく夏に贈るものと、そこに添える一言です。

変わり種花火

添える一言:「BBQにでも持って行ってね」

色んな種類のフルーツ大福

添える一言:「集まりの日に、みんなで食べてね」

大阪にある一心堂のフルーツ大福が楽しくておすすめです!

ハーブ系の入浴剤

添える一言:「夏バテの日に入ってね」

ナチュラルアイランドのアロマバスエッセンス「ジャパニーズミント&クマザサ」のシリーズが好きです!

 

お子さんがいる人に夏柄の甚平(花火やトマトなどの野菜柄も可愛い)

添える一言:「旅先に持って行ってね」

私がよく買うのは「SOU・SOU」。

※写真に写っているレモン柄は、いただきものなので別のお店です

 

とまぁ、こんな感じ。

まだまだいっぱいあるので、インスタの #週末小ネタ帖 のタグでもご紹介したいと思います。

みなさんは、夏にどんな贈り物をしますか?

今年はやや涼しい7月ですが、二度と来ない2019年の7月を共に楽しみましょう…!