次の週末なにしたい?

MAKE

  • 初夏の夜。

    星空の下に素敵な灯りと仲間が集えば、それだけで十分。

     

    蛍光灯の下で過ごす昼間の後は、自分でこしらえた温かみのある灯りの下で、

    思い出にのこる夏の話をませんか。

    足したらいいもの、それって実はとってもシンプルかもしれません。

    4週目のSeasonal Wishlistでは、気持ちの良い外でのディナーを素敵に灯してくれる、

    ランタンづくりをご紹介します。

     

    材料
    ・好きな形のガラス瓶
    ・軽石(ガーデニング用)
    ・キャンドル
    ・針金
    ・紐(またはロープ)
    ・グリーン(お好みで)

     

    キービジュアル

     


    Step1 ガラス瓶に軽石を入れる
    STEP 1

    使うのは、お家にある空き瓶でもOKです。

    好きな大きさのガラス瓶の1/3くらいに軽石を入れていきましょう。

    普通の砂利を使うと重くなってしまいますが、軽石であれば便利に使うことができます。

    軽石は、ホームセンターのガーデニング用品売り場で購入できますよ。

     

    Step2 針金をまきつける
    STEP 2

    作ったランタンを後からつり下げるために、針金で留め具を作ります。

    片方に輪っかを作り、もう片方は余裕をもった長さにカットしておきましょう。

    後から作った輪っかにもう片方の針金をくくりつけると、持ち手が完成します。

     

    Step3 イラストは白のペンでSTEP 3

    余裕があれば、もう少しだけランタンをカスタマイズ。

    ホワイトマーカーを使って、ウェルカムメッセージをどうぞ♪

    黒い夜空の背景に、白のペンが良く映えます。

     

    Step4 あかりを灯す場所をつくる
    STEP 4

    どこを灯したいかをきめたら、紐やロープを使って、ランタンをつり下げるスペースをつくりましょう。

    広いスペースを灯したい時は、友達と協力して…!

     

    Step5 ランタンを付けたらグリーンであしらってみる
    STEP 5

    紐でしっかり場所を作ったら、ランタンをとりつけましょう。

    最初に作った輪っかに、もう片方の針金をくくりつけると、つり下げることができます。お好みで、葉っぱや枝を紐にあしらって♪

     

    気持ちの良い夜なら友達を呼んで、外でディナーはいかがですか。

     

    来週も、お楽しみに!

ページの先頭へ
Add to favorites