NEXT WEEKEND DATE

「今夜はゆっくりお酒を飲みたい」なんて日は、思う存分くつろげるおうち居酒屋はいかがでしょうか。

時間を気にせず、好きなお酒とのんびり楽しめるのがおうちスタイルのいいところです。
それぞれ小皿にのせてテーブルにまとめて並べれば、いつもの料理も居酒屋スタイルに早変わり。

手持ちの小皿で素敵につくる、おうち居酒屋のコツをご紹介します。

 

居酒屋定番メニューは創作料理風に見せる


(左:左藤玲朗、中央:3RD CERAMICS、右:林拓児)
冷奴やポテトサラダなど、渋くて魅力的な居酒屋定番メニューたち。

あえてスタイリッシュな器に盛り付けて創作料理風にコーディネートにすると素敵です。

定番の和食器をあえて外し、創作料理風にすることで、他ジャンルの料理ともマッチしてくれますよ。

 

イマドキ料理は和の器で調和を


(左:志村和晃、右:坂本工窯)

エスニックや洋の料理をおうち居酒屋に登場させるなら、今度はあえて和食器に盛り付けを。

居酒屋メニューとはジャンル違いの料理でも、器で和の要素を取り入れると、和食ともなじんでくれるんです。

ジャンル違いの料理と器を組み合わせると、個性的なコーディネートになるので、いつものご飯に新鮮さが欲しい時にも、チャレンジしてみてくださいね。

 

お店らしさをアップする、おもてなし感



(上:FUKU GLASS WORKS、下:studio iiro)

お店らしさに欠かせないのは、「きちんと感」を出すこと。

つい省いてしまいがちな薬味はたっぷりのせたり、お箸には箸置きを添えると、ぐっとお店らしくなります。
今回は初夏らしくガラスの箸置きを添えましたが、素材違いの箸置きを季節に合わせてセットすると、自然に食卓に季節感を出すことができますよ。

リーズナブルに揃えやすいので、ちょっとだけこだわってみたい方にこそおすすめです。

 

 

好きなものづくしのおうち居酒屋、楽しんでみてくださいね。