NEXT WEEKEND DATE

NEXTWEEKENDを運営している株式会社ガルテンの福利厚生の中には、月ごとに変わる「オリジナル福利厚生」という枠があります。

毎月マンスリーテーマを設けて企画をつくっているNEXTWEEKENDですが、提案させていただくからには自分たちだってしっかりそのテーマを楽しみながら一ヶ月を過ごすべき…!

そんなわけで社長が福利厚生もマンスリーテーマに基づいて決めています。

この連載では、そんな私たちの福利厚生をちょっぴりご紹介しています。

変わらないものを知る #昔から好きなこと 」がテーマの今月はこちらでした。

 

そういえば昔から好きだったこと、ものづくり、探検などなど。

「自分ってこういう人だよな」と思える、それぞれの一人時間を各々が楽しみました。

 

真鍮の豆皿作り

あやの:
「幼い頃から学校が大好きだった私。
特に音楽や体育、図画工作はボーナスタイムかのように毎回楽しみで、次は何を覚えられるんだろう、作れるんだろうとわくわくしていた記憶。

最近、NEXTWEEKENDでもお世話になっている菜園料理家の藤田承紀さんが『真鍮』で色々なものを作るのにはまっているという情報を耳にし、そのわくわくが久しぶりに呼び覚まされて食い気味にワークショップを予約し、参加してきました。

真鍮やアルミの板を、専用のトンカチでひたすら叩く=鍛金 していくと、どんどん金属に味が出て、夢中になっているうちに世界に一つだけの豆皿に!
炙ったり磨いたりすることで、また違った表情も見せてくれ、あっという間に鍛金の虜になりました。

豆皿なら1時間半で完成できるというスピーディさも良かった…!
これ、男女問わず本当におすすめです。

これからこの豆皿にお菓子を乗せてコーヒーをいただくひとり時間がたまらなく楽しみ。」

 

 

ちびちび飲みたいウォッカ

ひかり:
「毎週たのしみにしているNIKKEI STYLEで読んでから、ずっと気になっていた国産クラフトウォッカKEYS & BRICKS
最近国産のお酒がよく話題になりますよね。

お酒はもう昔から本当に大好きですが、母になってからは飲む機会そのものがぐっと減りました。

そんな中でも、たまに娘が早く寝てしまったり夫の帰りが遅かったりする日に、ひとりでちびちび飲むが密かなたのしみ。

今月の福利厚生では、そんなひとり時間のお供に嬉しい仲間ができました。」

 

 

お茶の時間にぴったりなプレート

ゆうこ:
「昔からお昼前、15時、夕飯の後のお茶の時間が大好きでした。
器好きの母が、スイーツの種類によって、合うものを使ってくれたこともあって、そのシーンが今でも心に残っています。

上京して、一人暮らしをしてからは、学校や仕事だったりで忙しくなってしまったけど、ちょっとでもそうした時間をとれるとやっぱりホッとします。

でも、家の収納事情で実家みたいにたくさん器がおけず、しっくりこないものを使っていたのがちょっとストレスでした。
やっと和も洋も両方に合いそうな落ち着いたブラウンのヴィンテージプレートを見つけたので、今回セレクト。

焼き菓子も和菓子もしっくりくるので、よりホッとするお茶の時間を楽しめそうです。」

 

 

好きなビストロの朝ごはん

ともみ:
「寝不足でも朝ごはんのために早起きしたり、旅の宿泊先を朝ごはんで決めたり、住む場所も朝カフェが楽しい街で選んだり…。
昔から、一日の食事の中で朝ごはんが一番好きでした。

朝ごはんを食べるという行為そのものより、その時間を自分らしく過ごすことで一日のいいスタートを切れるのが心地よくて。

朝ってTODOに追われていないし、気持ちもフラットなので、いろんなことを自由に考えるのに最適な時間なんですよね。

年齢とともに食欲も若干減退し笑、最近は朝ごはんをさらっと済ませることも多かったので、久々に外でゆっくり食べに行くことに。
(渋谷のビストロロジウラ、朝ごはんも楽しくて好きです。写真はフレンチトーストとブッラータ)

出勤前に一人でゆっくり朝ごはんを食べるという贅沢、久々にしたらすごく楽しかったな。」

 

 

家族の思い出を重ねていくアルバム

やすよ:
「連休中の平成最後の日に実家に帰ったのですが、子供の頃のフォトアルバムを発見して見返していると『そういえば幼い頃からアルバムめくる時間が大好きだったなあ』なんて、#昔から好きなこと に出会いました。

祖母や母が昔からコツコツやってくれていたことのありがたみを再確認するとともに、これからは私が家族の思い出をまとめていかねば!と感じ、アルバムバインダーを購入。
ページが増やせる仕様になっているので、これからのひとり時間に、夫との思い出をまとめていきたいと思います。

デバイスで振り返るより、モノで振り返る楽しみと大切さに気づいた福利厚生でした。」

 

 

冷たいおやつを入れたい、デザートカップ

いくみ:
「冷たいものが美味しい季節。

小さい頃、夏が近づくと母と一緒に冷たいおやつを作るのが楽しみでした。
(プリン、ゼリー、かき氷、フルーチェとか。)
キットを使ったり、作っていたのはすごく簡単なものばかりだったんですが、ピンクのガラスのデザートカップに入れて食べるのが嬉しくて、いつもよりも特別でした。
そんなことを思い出して、『今使いたいデザートカップ』を。

最近密かにブームが起きている人気レシピのコーヒーゼリーを、次の週末作りたいなあと企み中です♩」

 

 

憧れのマドレーヌ型

「クリーニング屋の娘『わかったさん』が毎回不思議な出来事に巻き込まれ、美味しいおかしと共に解決していく『わかったさんのおかし』シリーズ。
小学生の頃、抱きしめて眠るほど好きな本でした。
(読んでた!って方多いのでは?『こまったさん』もありましたよね!)

その中でも特に好きな『わかったさんのマドレーヌ』に出てくるおしゃれで可愛い貝殻のマドレーヌ型は憧れそのものでした。

近所には売っていなくて、いつか大人になったら欲しいと願い続けたそのいつかが、こんなタイミングでいただけるとは!

わかったさんのレシピでさっそく焼いたマドレーヌ。
“小学生の私の野心”がひとつ叶いました。

次はレモンを入れて焼いてみようかな!」

 

 

作業時に欠かせない、爆音BGM

りょうた:
「昔から、集中して作業するときには必ず曲をかけています。

最近では特に、テンポの早い曲が動画編集などの作業向けに心地よいので、そんな作業用のプレイリストに入れたい曲を買いました。

集中しているとあまり音楽が聞こえなくなる瞬間や、ふと作業をやめた時にまた曲が変わらず流れているのが好きです。」

 

 

忙しい毎日の中「自分ってこういう人だよな」という、昔から変わらないことを改めて愛しく思ってくれたらいいなと思いこのテーマにしました。それぞれ会社で顔を合わせる時とはまた違う一面が見れて、私の方が愛しく思ってしまいました。
よかったよかった。