NEXT WEEKEND DATE

NEXTWEEKENDコラムよりお届けする「子どもと楽しむ、週末クラフト」。

このコラムでは、季節行事をお子様といつも素敵に楽しんでいるWeekender編集部代表コラムニストのMiyashita Makiさんが、親子で挑戦できるクラフトアイディアを毎月お届けしていきます。

今回は、“フレッシュガーランド”の作り方。

今の季節、可愛い植物との出会いがたくさんあります。

ちょっと意識してみるだけで、いつもの道でも素敵な草花を見つけられるはず。

好きな草花をガーランドにして、お部屋を楽しく飾ってみてくださいね。

 

季節の草花で作る、フレッシュガーランド

材料

・好みのハーブや草花
(今回はローズマリー、レモンバーム、タイム、バジル、散歩中に子どもと見つけたタンポポを使用。)
・麻紐
・クリップ
・マスキングテープ

作り方

1.ハーブや草花はよく洗い、ほこりを落とす。
枝が細いものは束ねて小さなブーケを作る。

2.麻ひもをマスキングテープで壁に固定し、等間隔にハーブや草花をクリップで止めていく。
(クリップを使うと、子供がお手伝いしやすくておすすめです。)

3.フレッシュな香りのガーランドが完成…!

しばらく吊るして、ドライにしても楽しめますよ。

 

余ったハーブの楽しみ方

ハーバルクリスピークラッカー


NEXTWEEKEND2018秋冬号P.35に掲載しているハーバルクリスピークラッカーを手作りしてみました。

薄力粉(200g)、牛乳(65g)、砂糖、塩、オリーブオイルをこねた生地に、ハーブを貼り付け、180度のオーブンで20分焼けば完成です。

ハーブが香る、バスソルト


ドライにしたハーブを、岩塩と一緒に布でくるんでオリジナルのバスソルトに。

良い香りが身体中を癒してくれます。

ガーランドとして楽しんだ後や、余ったハーブを使って、ぜひ試してみてくださいね。

 

楽しみが広がるフレッシュガーランド作り、爽やかな香りが初夏にぴったり。

自分で摘んだ花を飾ってもらうと、子どもも喜びます。

それでは、素敵な週末を。