NEXT WEEKEND DATE

NEXTWEEKENDを運営している株式会社ガルテンの福利厚生の中には、月ごとに変わる「オリジナル福利厚生」という枠があります。

毎月マンスリーテーマを設けて企画をつくっているNEXTWEEKENDですが、提案させていただくからには自分たちだってしっかりそのテーマを楽しみながら一ヶ月を過ごすべき…!

そんなわけで社長が福利厚生もマンスリーテーマに基づいて決めています。

この連載では、そんな私たちの福利厚生をちょっぴりご紹介しています。

出会ったものから学ぶこと#真似ぶの日」がテーマの今月はこちらでした。

「東京には素敵な機会がものすごくあるという幸せを今一度かみしめてください!」という一言と共に出された今回のお題。

各々が、今気になる人やモノとの出会い、新しい自分との出会いを楽しんできました♩

 


「前から気になっていたMakers’Base
レーザーカッターから溶接機まで、本格的な機材が揃っている空間ということで、まずはどんな場所なんだろう…!と興味を持ちました。
会員になると工房としてスペースを借りられたり、一般向けには常時50種類もの楽しいワークショップが開催されています。

私が選んだのは、生地からつくるクラッチバッグのワークショップ。
絵の具で描いた自分のデザインを、バッグにできるんです!
黄色が好きなので、数種類の黄色を使って塗った1枚と、思うがままに描いたチェック柄。
自分が画用紙に描いたデザインがデータになり、レーザープリンターで布に印刷し、アイロンで伸ばしながら縫い合わせてバッグの出来上がり。

ついさっきまで画用紙だったのに、あっという間に世界にひとつのバッグになって、感激しました。
PCがぴったり入るサイズとチェック柄を描いた筆のかすれ具合が気に入っています。

スタッフの方も含めて、ものづくりが好きな人たちの集まりは、とっても刺激になりました。
まだまだやってみたいワークショップがたくさんあるので、常連になりそう…!」

 


「昨年末まで住んでいた代々木公園エリアで、気になっていた『Parker』というリノベーションされた一軒家。
風通しがよくて、自然体で、でも洗練されていて…。
時々イベントも行なっていると知り、こんな素敵な空間をつくる人たちのワークショップに参加してみたいなと思っていました。

ちょうど今月、ロンドンのキャンドルブランド『Earl of East LONDON』のオーナー2人の来日に合わせたイベントがあったので、念願叶って参加。
記憶から辿る好きな香りのことを話し合ったり、食べ物と香りのペアリングをしたりと、感性が研ぎ澄まされる、とても心地いい時間でした。
作ったキャンドルの香りに似合う部屋をつくろう、とわくわくしています。

そして、イベントの内容はもちろん、飾られている花だったり、参加する人だったり、会場の香りだったり、出してくれるコーヒーだったり…。
そういうトータルのバランスが大事なんだよなあと、仕事にも私生活にも、勉強になりました。」

 

「偶然GARTEN COFFEEに来てくださったお客さんから誘ってもらい、足を運んだ『新時代前夜祭』。
いわゆる”平成ゆとり世代”の、様々な業界で活躍する人たちが集まって、トークセッションや1日限りの本屋さん、クラフトコーラ(美味しかった…!)にビーガンスイーツ、写真展などなどを楽しむことができる、なんとも不思議な空間、イベントでした。

でも何故だか一体感もきちんと感じられたのは、『同じ時代を生きてきた』という共通項があったからなのかなあと。

トークセッションを聴き終えて会場を出ようとすると、ずっとフォローしていたカメラマンのもろんのんさん(@moron_non)の写真が壁にずらり。
気に入ったものを1枚持ち帰っていいとのことだったので、直感で手に取ってきました。嬉しいコンテンツだったな。

心地よい場所・空間づくり、について改めて考える良いきっかけになりました。」

 

「『新しい自分との出会い』を支援ということで、せっかくなら普段絶対選ばないジャンルに踏み込んでみました。

いざ習ってみると、驚きの連続。
筋肉の使い方、腕の位置、足の伸ばし方…毎日欠かさない『歩く』ことにいかに怠惰だったか…。
当たり前の習慣を自分で観察したり、人と比べる経験も新鮮でした。
(先生の歩き方の美しさたるや…!)

ふとした意識で、大人としての上品さって身につけられるんだと刺激になった1日。
『いつか赤いヒールを綺麗に履きこなしたい』という野心を思い出して、帰り道に早速ゲット。
これからは、この子を相棒に歩き方改革を続けようと思います。」

 

 

「息子がタンポポの花を日課のようにプレゼントしてくれた春。
季節のお花をささっと飾れる一輪ざしがあったら!と、一輪ざし作り体験に行ってきました。

デザイン、色みを決めてから(この作業だけで楽しい!)溶かしたガラスに息を吹き込んでいきます。
釜の前は体感温度で90度!汗がジワー。

吹き込んだ分だけ風船のように膨らんでいくガラス、少し斜めになったところも愛おしい…!

『物心ついた頃にはこの一輪ざしがあって、色んなお花を飾ってたなぁ』と子どもたちの思い出に、家族の日常にそっと溶け込んでくれますように。
小さな野心を込めて。
(もしも割れちゃったら2代目を作ります。笑)」

 

「会社でもハーブに関わることは多いけど、それをブーケにするって楽しそう!と思い、ずっとInstagramを見て気になっていた角田めぐみ先生のレッスンに行ってきました。

教室に入ると色んな花々のドライフラワーや花々でいっぱいで、今日使うとハーブ達の香りも相まって、癒されるとともに気持ちも高まります。

レッスンでは、先生が一つ一つのハーブの特徴を効能と共に教えて下さり、普段なんとなく使っていたハーブの見方が変わるものもしばしば。
(パクチーの花が可愛かったり、ニゲラがスパイスだったり…)
10以上のハーブを束ねるブーケ作りはボリューム満点でちょっと大変でしたが、最後にグリーンの薄紙で包まれた自分だけのブーケを見た時は感無量でした!」

 

 

社員の出会いを支援したくてこのテーマにしました。
弊社は外苑前にあるのですが、本当に良い環境だなといつも思うのです。
私自身は常に二拠点生活でバタバタしていますが、もし毎日外苑前に通えたら行きたいイベントが本当に沢山あるな、と。
みんなには当たり前になってしまっているかもしれませんが、フットワークさえ軽くすれば、会いたい人に今日会いにいけちゃうこの環境に気づいてほしくてこのテーマにしました。
それぞれ良い出会いがあったようで、よかったです!