NEXT WEEKEND DATE

#今日の小仕事Weekend Marcheでも大好評だった、バレットジャーナル作り。

 

 

日々の思考を整理したり、忘れたくないことを記録したり、季節ごとの野心をふくらませたり…。

バレットジャーナルとは、今の自分の考えや野心を書き溜めていく、世界に一つだけのオリジナルノートのことです。

 

▲スケジュール帳?趣味ノート?日記帳?どれなの?と思う方も多いかと思いますが、答えはその全て。
「今の自分」に関わるあらゆることを、自由にまとめられるのが、バレットジャーナルの魅力です。

 

一方で、
「作れたら楽しいのは分かるけど、うまく作る自信がない。」
「絵や文字を書くのに自信がない。」
なんて声もたくさん聞きました。

 

そこで今回、「バレットジャーナルを誰でも素敵に作れるように」をテーマにPRINTABLESを作ってみました。

MEIKO ILLUSTRATIONさんの描く鮮やかな水彩イラストが、自分だけの一冊を彩るお供になってくれるはず。

このPRINTABLESで、みなさんのバレットジャーナル作りが楽しくなれば嬉しいです。

内容
・草花のアーチ 12種類
(マンスリータイプ/空欄タイプ)
・季節の花図鑑
・草花のフレームとライン 5種類
・水彩のあしらい 9種類
ダウンロードはこちらから

 

PRINTABLESの使い方

データをダウンロードしたら、まずお好みの用紙に印刷してください。

普通紙やクラフト紙に印刷して、ノートにのりで貼ってもよし。
ラベル用紙に印刷して、シールとして使ってもよし。

紙の種類を変えると雰囲気も変わります。

 

ノートへのデコレーション方法はこんな感じ。


▲箇条書きがあらかじめ書かれたメモフレームは、材料などを書き込むのに便利です。
お花のフレームは、写真の角につけるのも◎

 


▲水彩のあしらいは、背景素材として使ったり、上から文字を書くのもおすすめ。

 


▲草花のアーチは、マンスリータイプと、文字が書き込める空白タイプの二種類あります。
クリアタイプのラベルシールに印刷すれば、素材同士を重ねる時も◎

 


▲ページの「ちょっとさみしいな」と思うところには、お花図鑑のイラストを切り取って、シールのように貼っていくとバランスが良くなります。
(こちらのノートの作り方は #週末横丁 vol.1でも動画でご紹介中♩)

 

イラストを描いたりデコレーションするのが苦手でも、貼るだけで自然とページがまとまるPRINTABLES。

バレットジャーナルに興味があるけど始め方が分からない方や、大変そうと思っている方にこそ、おすすめのデザインです。

 


▲もちろんバレットジャーナル以外での使い方も。
「季節の花図鑑」はこんなふうに額装して飾っても可愛いです♩

 

みなさんそれぞれの使い方は、ぜひInstagramハッシュタグ #今日の小仕事 で教えてくださいね。

商品情報
推奨印刷サイズ:A4サイズ
ファイル形式:PDF形式
推奨紙:普通紙、シール用紙
価格:400円
ダウンロードはこちらから

 

 

 イラスト:MEIKO ILLUSTRATION

Weekender編集部メンバー。
メーカーやエネルギー関係の研究所勤務後、結婚・転勤・妊娠をきっかけに初めて絵を描く楽しさを知る。
周囲から頻回のウェディングペーパーのデザイン依頼を受け、フリーランスイラストレーターとして活動を開始。
色彩感覚が評判となり、花屋、難民支援団体、飲食店、airbnb、本、イベントなど幅広く活動。
テキサス、イギリス、そして茨城での自然豊かな生活に、絵を描く上で大きな影響を受ける。現在一児の母。