NEXT WEEKEND DATE

春らしい気候が心地良い、今日この頃。

連日のピクニック日和、楽しんでいますか?

今月のNEXTWEEKENDの月間テーマは
出会ったものから学ぶこと#真似ぶの日」です。

今日は、アンテナ豊富なWeekender編集部に
“知っておきたい食材の組み合わせ”を教えてもらいました。

NEXTWEEKENDコミュニティマネージャー永田 尚子がお届けしていきます。

意外な組み合わせから、簡単に真似ができるもの。

気になったアイディアは、ぜひ挑戦してみてくださいね。

 

ふきのとう×味噌


この時期の私の鉄板の食材の組み合わせは『ふきのとう+かつおぶし+玉味噌』で作る、『ふきのとう味噌』です。

料理人の夫から、春一番の味ということで教わりました。

1.ふきのとうを一度油でカラッと揚げて、キッチンペーパーで油を吸って、少し冷めてからみじん切りをする。
2.ふきのとうに程よい量の玉味噌を合わせ、さらに粉鰹を合わせたら完成…!

これが本当に美味しくて、日本酒にもご飯にも何にでも合います。
つい最近はふきのとう味噌カルボナーラを作ったりもしました。

玉味噌というのを調べてみると、卵黄や砂糖を練り合わせた万能なお味噌なんですね♩
「春一番の味」という表現からも、ふきのとうの美味しさが伝わります。

旦那様が料理人だなんて羨ましい!
アレンジもいろいろとできるとのことで、毎年作り置きしたいです。

 

柿×カブのサラダ


たくさん柿をもらったので、なんとか晩ごはんに出せないかと冷蔵庫の中身とも相談しながらいろいろ調べて作ってみました。

カブは塩もみして、お醤油をちょこっと。

柿の甘みとカブの少し苦い感じがマッチしてとっても美味しかったです。
たくさんいただいた果物を、おかずにしてみるという発想が素晴らしい!

自己流アレンジに成功したら、何とも言えない嬉しさがありますよね。

そういえば、私は学生時代にバイトしていた料理屋さんの「柿の白和え」が好きでした。

 

味噌×バター×コーンフランス


味噌に蜂蜜、バターを混ぜたペーストを作ってフランスパンに塗り、コーンとチーズをのせてトーストしました。

和風のトーストアレンジを作りたくて、味噌に合う食材を組み合わせて作ってみましたが、(イメージは味噌ラーメンみたいな、みたらしみたいな感じ。)
甘辛い味噌ペーストが美味しかったです!

味噌ラーメンをヒントに、パンにしてしまうカスタマイズ力…!

コーンマヨパンなどはよく見かけますが、「味噌+バター」が入ると想像するだけでも美味しいですね。

お味噌汁にコーンバターを入れてみるのもありかも…!?

 

桃×モッツァレラ

 


これはもはや定番かと思うのですが…。

一時期インスタでも爆発的に流行して、その頃に試して以来、桃の季節が来るのを待ち構えて何度も作るのがこちらの組み合わせ。

桃とモッツァレラに、オリーブオイル、白ワインビネガーとレモンを効かせたら冷たいワインにぴったりなんです!

わかります…!
桃モッツァレラは、革命的でしたよね。

桃はそのまま食べても美味しいので、いつもカプレーゼにしようか、そのまま食べようか、真剣に悩んでしまいます。

季節の果物は、街のスーパーにもちゃんと四季の移り変わりを届けてくれる気がして、その年の初ものを見つけると嬉しいですよね。

ちょうど今は、苺が終わる日をカウントダウンする寂しさと戦っています。

 

草もち×ホットサンド


近所のカフェの『草もちホットサンド』。

斬新な組み合わせですが、これがとっても美味しいんです。

自家栽培のよもぎを使っているので、香りも良くて時々無性に食べたくなります!

草もちをホットサンドに…!

NEXTWEEKENDでご紹介したきなこもちトーストも美味しかったので、ぜひ食べてみたいです。

最近、トーストに雪見大福をのせている人を見かけましたが、お餅とパンの相性はいいんですね。

 

栗×モッツァレラ×まさかのコーヒー


肌寒い朝は、ポタージュで #E朝

栗×モッツァレラ×まさかのコーヒーという組み合わせが実は美味しい!

食べ合わせの女王らしいご推薦、ありがとうございます。

黒豆+ヨーグルトを愛していたという情報も入手しています。

私の中で最も異素材が見事に調和した「生の白菜、いちご、ほたるいか、バルサミコのサラダ」もぜひ試してほしいです。

サラダ=苦味×甘味


サラダを作る時、ベビーリーフみたいなベースに、トレビスとかチコリみたいな苦めの葉っぱを一種類混ぜつつ、ざくろとか柑橘で甘みと酸味を入れるのが好きです!

サラダ作りのマイルールみたいなご紹介、嬉しいです!

決まったレシピだと入手できない食材がひとつでもあると振出しに戻って途方に暮れることもあるので、この組み合わせは感覚的に覚えておきたいです。

フルーツが入ると、見た目も必然的に華やかになりますね!

 

八ツ橋×マスカルポーネトースト


トースト、マルカルポーネ、もちあんこ。

『これは合わないはずがない…!』と、ふと舞い降りてきたこの組み合わせ。

バターをうっすら塗ったトーストに、マスカルポーネをしっかりのせて、八ツ橋を。

八ツ橋を手に入れたなら、ぜひ試してみてほしいです。

八ツ橋をレンジで軽く温めておくのもおすすめです。

私が住んでいる関西だと、スーパーのパン売り場に必ず置いている八ツ橋。
全国的にはどうなんでしょうか。

あんこも八ッ橋も受け止めるマスカルポーネの心の広さ、まだまだ組み合わせられるものがありそうです。

 

いかがでしたか?

NEXTWEEKENDでは以前、Three Good Things -料理の組み合わせの楽しさは“3つ”から始まる-というレシピ動画も連載していました。

▼先ほどご紹介した、栗×モッツァレラ×コーヒーのポタージュの作り方も、動画もご覧いただけます。

▼他にも、バナナブレッド×アボカド×チキンなど…!

“気になってはいたけど使い方が分からない食材”も“慣れ親しんだ食材”も、3つの組み合わせにすることで、次の週末取り入れたい理想のレシピになるから不思議。

▼人気シェフ監修の、斬新でびっくりするほど美味しいレシピの数々は、記事でもご覧頂けます。

 

レシピの研究とまではいかずとも、食材を組み合わせてみるという発想があると、外食するときにも新しい発見がありそうです。

今回ご紹介した「ふきのとう」や「柿」、「桃」のように季節のものが加わると、いつでもできるわけではないからこそ、その季節が楽しみになりますね。

みなさまも美味しい組み合わせを見つけたなら、ハッシュタグ#真似ぶの日でぜひ教えてください。