NEXT WEEKEND DATE

暖かくなり、毎年この時期はわくわくした気持ちになりますね。

今まで毎月お届けしていたOnakaのコラム「大切な人への贈りもの菓子」ですが、これからはもう少しゆったりしたペースでお届けすることになりました。

今後も皆さんが大切な人に贈りたくなるお菓子のレシピを、ラッピングも合わせてご紹介していく予定です。

引き続き楽しみに待っていていただければ嬉しいです。

さて、今回ご紹介するのは、いちごとクリームチーズのマカロンです。

ドライいちごのほんのりピンク色のマカロン生地に、クリームチーズとレモンでさっぱり仕上げたガナッシュを合わせました。

マカロン作りといえばハードルが高いイメージがありますが、しっかりポイントを抑えれば失敗の少ないお菓子です。

春にぴったりのいちごのマカロン、ぜひ作ってみて下さいね。

 

いちごとクリームチーズのマカロン

材料(マカロン7個分)

▼マカロン生地
・卵白…30g(Mサイズのたまご約1個分)
・グラニュー糖…20g
・卵白パウダー…2g
・粉糖…40g
・アーモンドパウダー…30g
・いちごのパウダー
▼ガナッシュ
・ホワイトチョコレート…40g
・クリームチーズ…35g
・生クリーム…10g
・レモン汁…8g

下準備

・計量した卵白を10〜20分間冷凍庫に入れます。
・グラニュー糖と卵白パウダーを合わせておきます。…【A】
・アーモンドパウダーと粉糖を合わせて2回ふるいます。…【B】

・絞り袋に口金をセットします。(1.5cmの口金を使用しました)
・ドライいちごを粉末状にします。

作り方

1.冷凍庫から出した卵白をハンドミキサー中速で泡立てます。

卵白の周りだけうっすら凍っている状態になればOK。
(表面が膨らんでひび割れを防止します)

白っぽくなってきたら、下準備の【A】を入れてさらに高速で泡立てます。

ここで強いメレンゲを作るのがポイントです。

卵白パウダーは入れなくてもOKですが、入れた方がメレンゲが安定するのでおすすめです。

2.きめ細かく艶が出て、ハンドミキサーで持ち上げた時に落ちないくらいになったら、ドライいちごの粉末を入れ、さらに泡立てます。

3.下準備の【B】を入れて、ゴムベラでさっくり混ぜます。

全体が混ざったら、ゴムベラをボウルにおしつけて泡を潰すように擦り混ぜます。

数回擦り混ぜたら、あとは生地を底からすくうようにして混ぜ、ゴムべらを持ち上げた時に、生地がリボン状になったらやめます。

4.口金をつけた絞り袋に入れて、オーブンシートに、直径3〜4cmに絞り出します。

ツノは、絞り出した1〜2分後に生地に馴染んで消えるのが理想です。

 

5.20〜40分、風通しの良い場所で乾かします。
(気温、湿度によって変わります)

乾かしてる途中で、オーブンを200度に予熱を開始します。

6. 中指で触った時に指に生地がつかないようになったら、180度に設定し直したオーブンで6〜7分焼きます。

通常、業務用オーブンでマカロンを焼く時はダンパー機能(内部の空気を外に出す機能)を使います。

家庭用のオーブンだと、その機能が付いていないので、その代わりに、オーブンの扉にタオルを挟んでみて下さい。

ちょっとした裏技で、成功しやすくなりますよ。

6〜7分してピエ(マカロンの下部の淵)が出てきたら、温度を130度にして、さらに22〜25分焼きます。

温度を高くすると、せっかくのピンク色の生地に焼き色が付いてしまうので、
低温でじっくり焼いていきます。

7.焼き上がり!

8.ガナッシュを作ります。
ボウルに入れたホワイトチョコレートを湯煎します。

9.生クリームとクリームチーズを湯煎して、溶けたらホワイトチョコレートに加え入れて混ぜます。

最後はホイッパーで混ぜるときれいに混ざります。

10.ラップをして冷蔵庫に入れて、絞りやすい硬さになったら、口金をつけた絞り袋に入れて、【7】の底面に絞り出し、もう1枚で挟みます。
(マカロン生地と同じ1.5cmの口金を使用しました)

完成です!!

 

ラッピングについて

お次はラッピングです。

まずは、マカロンをOPP袋に入れます。

お好きなボックスに入れます。

このボックスは、ソストレーネグレーネで購入しました。

ボックスを、手作りの巾着袋に入れます。

マカロンの色に合わせたヴィンテージピンクの布は、CHECK&STRIPEで購入。

箱の大きさに合わせて縫いました。

贈り相手の名前を刺繍しても可愛いですね。

リボンはスパイラルマーケットのものです。

春の出会いに、愛情たっぷりなマカロンの贈りもの菓子。

少し工程は多いですが、手の込んだ手作りは、より想いが伝わるもの。

ぜひ作ってみて下さい♩