NEXT WEEKEND DATE

いろんな花たちが咲き始める春。

いつものテーブルにも花やグリーンを取り入れると、部屋がほんのり春らしくなります。

毎日のちょっとしたアクセントに、食卓でも季節を楽しんでみませんか。

 

日本のエディブルフラワーをいただく

華やかな彩りのエディブルフラワーを使うのも素敵だけれど、例えば菜の花や桜の塩漬けだって、日本の立派なエディブルフラワー。

普段の料理に花を取り入れるなら、いつものスーパーで手に入りやすい季節の食材がおすすめです。

食べ慣れた味は、いろんな料理に取り入れやすいですよね。


(オーバル皿:寺村光輔)
シンプルなパスタには、菜の花を取り入れて、モノトーンの器に盛りつけ。

小さな黄色いつぼみがグッと引き立ちますよ。

 

花に見立てたトッピングで遊ぶ

花をイメージするような彩りや、花に見立てたトッピングで遊ぶのも、花の雰囲気を楽しむひとつの方法。


(皿:フランスのアンティーク)

例えば、いつもなら中央にクルトンやパセリをあしらったり、クリームをまわしかけて仕上げるポタージュ。

トッピングをタイムとピンクペッパーに変えて、全体にふんわり散りばめてみると、小花がぱっと広がったようなかわいいポタージュになります。

今の季節に美味しい新玉ねぎのポタージュなら、小さなピンクペッパーがしっかり映えます。

 

余ったハーブはテーブル装花に

はりきった料理に購入したハーブ。

余った分は冷蔵庫に眠らせたまま、うっかり忘れてしまったりしませんか。

せっかくならテーブルやキッチンで小瓶などに飾ってあげてはいかがでしょうか。

冷蔵庫にそのまましまっておくよりも長持ちするし、小さな花が咲いたりすることもあって、毎日見守ってみるのも楽しいものですよ。

ハーブは元々ヨーロッパなどに生えていた草花で、グリーンベースに優しい色合いの花がつくので、毎日のちょっとしたテーブル装花にもぴったりです。

 

季節を楽しむことは日常のちょっとしたアクセントになります。

食卓でも、自分なりの春を楽しんでみてくださいね。